プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


306のブレーキディスクローター・パッド交換
16日と17日午前

ディスクローターの交換は初めてです。
キャリパーの裏側上下二箇所に固定ボルトがあります。
M12で頭は19です。
ロックタイトで接着されているのでなかなか緩みません。
工具柄をパイプで延長する余裕がないので叩きます。
叩き損じに注意です。
DSCN9949-aa.jpg


緩む目処がたったのでパッドを取ります。
ここを15スパナと13メガネで。
やはりロックタイト留めです。
DSCN9954-aa.jpg


キャリパー跳ね上げの前にここの配線が突っ張るので外します。
DSCN9957-aa.jpg


サスのバネなど利用して針金で吊るします。
そしてキャリパーのピストンを工具で戻します。
ブレーキフルードを減らすのをすっかり忘れていて床にかなり零しました。
DSCN9961-aa.jpg


M6の皿ビス二個を外したら(純正はポジネジ、左側はトルクスネジでした。しかも一個だけで。)
プーラーで引き抜きます。
右側はプーラーだけで外れましたが左側は張り付いていてハンマーも併用しました。
DSCN9963-aa.jpg


無事外れました。ローター落下注意です。
DSCN9964-aa.jpg


パッド消耗注意報の配線ですが両側ともプッツン
コード長にゆとりなさすぎです。
DSCN9975-aa.jpg


今回もミンテックスMDB1869です。とくに不満もなく普通ですし何より安いですから
DSCN9943-aa.jpg


形状は四枚すべて同じなのですがコード長に違いがあります。
長い方を外側に短い方を内側となります。
DSCN9944-aa.jpg


新しいローターとパッドが取り付きました。
ローターもミンテックスです。
キャリパーなど清掃すれば良いのですが、すぐに汚れるのでそのまま気にしないことに。
DSCN9980-aa.jpg


道路から作業場への段差通過でお腹を擦りました。
触媒の遮熱板をがっかり仕様にしてしまいました。
DSCN9984-aa.jpg


ローター二枚の重さです。9.3kくらいでしょうか。
DSCN9942a-aa.jpg


限界ローターは8kでした。かなり違いますね。
と言っても元の古い方は純正品?でまったく同じ品物でないので正確な比較にはなりません。
DSCN9987a-aa.jpg


新旧かなり厚みが違います。危なかったです。
DSCN9925-aa.jpg


お疲れさまパッド。
DSCN9990-aa.jpg


ローターさんもお疲れさまでした。
DSCN9992-aa.jpg


作業内容は複雑ではありませんが各所すんなり行かないので大変でした。
ミンテックスのローターは安いですが加工精度は問題ないようでジャダーも出ず良い感じに制動します。
128100km

306 | 【2017-03-21(Tue) 23:12:54】
Trackback:(0) | Comments:(0)
306 タイベル交換他
3月1日
タイミングベルト・ウォーターポンプ・テンショナー
オルタネーターベルト・テンションローラー
スタビリンクロッド・ロアアームボールジョイントの交換をHさんにお願いしました。

今回はゲイツのタイベルセットです。
このメーカーがタイベルを最初に開発したとかで信頼できそうです。
DSCN9773-aa.jpg


ロアアームのボールジョイント
ファーレン製です。知らない会社だけど安かったので
DSCN9776-aa.jpg


ダイコのテンションローラー
DSCN9778-aa.jpg


スタビロッド
こちらは会社わからず
ブーツがシリコンゴム?で長持ちしそうです。
DSCN9781-aa.jpg


オルタベルト
こちらだけ純正品で国内調達。
イタリア製でした。
DSCN9782a-aa.jpg


走行時、車輪?からガサガサと音が出るのでロアアームボールジョイントかスタビロッド交換で直るかなと思いました。
するとスタビブッシュの劣化が原因らしく、そちらも追加交換。
あとエンジンオイル漏れ
これはタペットカバーパッキンの劣化だそうで、こちらも交換をお願いしました。
もう一つブレーキ
ローター・パッドともに限界
これは後日自分で整備となりました。

約127800km

306 | 【2017-03-19(Sun) 23:23:20】
Trackback:(0) | Comments:(0)
306のスターターモーター交換
2月26日の話なのですが

スターターモーターの動きが怪しいので現行同型を買いました。
DSCN9672-aa.jpg


頭部も黒色なのが残念。
バレオなのですがポーランド製でした。
16800円しなかったのは有難かったです。
DSCN9674-aa.jpg


さて取り外しなのですが、一度やっているので楽勝と思ったら困窮しました。
3個のボルトで留まっていますが、アクセスし難くそして固く緩みませんでした。
DSCN9681-aa.jpg


どうにか交換でき新しくなりました。
DSCN9699-aa.jpg


古いモーター。お疲れ様でした。
DSCN9726-aa.jpg


動作音ですが、今度のは低音で大人しく高級感?ある音です。
なんか306に似合わないなぁ と思いますが、すぐ気にならなくなるんでしょう。

306 | 【2017-03-17(Fri) 22:23:32】
Trackback:(0) | Comments:(0)
306のスターターモーター修理 ②
割りと簡単にきれいになりました。
DSCN9907aa-aa.jpg


モーターにはウレアグリースが良いとのことで158円(送料込み)のびっくり価格のこれで。
DSCN9908aa-aa.jpg

DSCN9909aa-aa.jpg


ストッパーリングとCリングを嵌めます。
DSCN9911-aa.jpg


この為に工具買いました。
最初びくともしなくて焦りました。
Cリングの開いている反対側から斜めに嵌め込むイメージで力掛けると・・・
DSCN9915-aa.jpg


上手くいきました。さすが工具です。
DSCN9917-aa.jpg


カバーを取り付けて完成。
DSCN9919-aa.jpg


通電テストです。
プラスとマイナスに自信なし
調べるとなんと配線接続は常時プラスとスイッチプラス。
危うくプラスとマイナスを繋げてしまうところでした。
で、通電。
ザ残念・・・ 反応なし
飛び出しギアが固着していたので少し期待したのですが磁石スイッチの故障のようです。
で一応モーターに直接通電。
ザ残念。
モーターも動きません。
DSCN9921-aa.jpg


手っ取り早く頭部分解では直りませんでした。
ここのリベット二箇所を取り除き分解へ
DSCN9947-aa.jpg


モーターが軽く空回りしないので不安がありました、
なんと磁石剥がれ、そして割れていました。あーー
DSCN9950aa-aa.jpg


勉強を兼ねて回転体を外してみました。
DSCN9971-aa.jpg


磁石がよく見れるようになりました。
DSCN9983aa-aa.jpg


調べるとこの頃のバレオモーターはよく磁石が剥がれるそうです。
DSCN9977aaa-aa.jpg

306 | 【2017-02-22(Wed) 00:05:45】
Trackback:(0) | Comments:(0)
306のスターターモーター修理
9年前スターターモーター故障の時、中古部品で対処しました。
ダメになった距離は5万キロ手前
そして交換した物は14万超えです。
現在13万手前なので取り替えたモーターは22万キロ使っていることになります。
オートマはこれが壊れると身動き取れないので不安になっていました。

マグネット部分の故障だと思っています。
この部品が5千円しないで買えることが判って交換できれば動くかなと。
そこでまず分解できるかどうか挑戦
DSCN9838-aa.jpg


頭のカバーは簡単に取れました。
DSCN9839-aa.jpg


2cvは手動だけどこれは磁石の力で動く奴
新鮮です。
DSCN9840-aa.jpg


シャフトがかなり錆びています。
この部分はスライドするはず
でもびくともしません。変です。
スライディングハンマーでコンコンして動くようになりました。
錆固着していたようです。ひょっとしてこれが故障の原因?
DSCN9845-aa.jpg


取り敢えず出来るだけ分解しました。
DSCN9842-aa.jpg


飛び出しギアの前後に給油でもいいかなと思いますが
出来れば取り外してしっかりグリスアップしたいです。
同じ所へ戻したいのでテープで印して
DSCN9898-aa.jpg


先端のストッパーリングをパイプをあてがい後方へ叩き落とし
Cリングの取り外し
これはピストンリングプライヤーでいけるかと思ったけど刃が立たず
太めの千枚通しを押し込んでいったらすんなりと外せました。
飛び跳ね注意です。
DSCN9895-aa.jpg


これで先端のリングが外せ飛び出しギアも外せます。うれしい。
DSCN9897a.jpg


無事に外せました。
シャフト錆びていました。
DSCN9904a-aa.jpg


内部はこんな感じです。
劣化したグリスが居残っているので分解した甲斐があります。
ギザギザはシャフトのスプラインの数の半分
同じ位置に戻そうと思いましたが、これだったら使っていないところへ
一駒ずらして戻そうと思います。
DSCN9902a-aa.jpg


シャフト回そうとしても回らないけど、そんなもんなのかな
モーター内部の問題でないと良いのですが。
ここ開けずに直って欲しいです。

306 | 【2017-02-15(Wed) 00:45:57】
Trackback:(0) | Comments:(0)
306のオルタネーターベルト
306のオルタネーター・パワステ・エアコンベルトから音が出だしたので交換を
上部のカバーを外してオルタネーター取り付けボルトを緩めようとすると
オルタの下側ボルトはタイヤ側から
右タイヤを外しフェンダー内側のカバーを外さないと作業できないと判り
今日は諦めました。
音はベルトでなく滑車かなと思うのですが
ベルト交換で直って欲しいです。
DSCN9407-aa.jpg

306 | 【2016-11-14(Mon) 15:24:45】
Trackback:(0) | Comments:(2)
前のページ 次のページ