プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


シリンダーヘッド 分解①
ロッカーアームを取り付けているボルトを外します。

シリンダーヘッドを外した後
このボルトを緩めようとしたところ
ヘッドの押さえに力が入らず

エンジンに組み付けるの面倒なので道具を作りました。
このマニホールドのスタッドボルトを利用
P1080599a-dd.jpg


板に穴を開けて
(左右へっどのボルト位置が対象です。
板をひっくり返すと両ヘッドに対応できます。)
P1080680-dd.jpg


ナットで固定して
(左右ヘッド、スタッドボルトの位置が反対です。
板をひっくり返すと両シリンダーに対応できます。)
P1080681-dd.jpg


乗っかてモンキーレンチでエイッ
P1080683-dd.jpg


9mm幅の変な形のボルト
スパナでは華奢なので
モンキーと延長パイプ
P1080683a-dd.jpg


パチンと音を立てて外れました。
その音を発するまでモンキーが25°くらい回ってから!
強トルク掛けると口が開くんですね。
肩がなめっています。危なかった。
P1080687a-dd.jpg


たかぎ様
アドバイスありがとうございました。
無事外れました。問題の602エンジンではありませんが、
でも602も出来そうです。

このボルト'87のエンジンも一緒でした。
602ヘッド

この時は尻込みして外すことが出来ませんでした。
'60初期エンジンそして'70エンジンは12の6角形ボルト
'69がこの変則ボルトとは・・

あっ それから
このボルト用に用意したスナップオンのボックスは
少しはまるのですが
奥までしっかり入りません。
ボルトの頭形状
下方に向かって広がっていて使えませんでした。
削って加工するのも  
うーん・・・
唯一のスナップオンですが永久に?出番無しかな


さーて
次はバルブ外しです。

2012エンジン整備 | 【2012-06-18(Mon) 07:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する