FC2ブログ
プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


2cv(602)マスターシリンダーのオーバーホール
10月の話なのですが
ブレーキマスターシリンダーのOH作業のお手伝い(と言うか写真係)

モダンサプライさんから購入のEさんのチャールストン
納車されてまだ日が浅いのですが、ブレーキが時々すっぽ抜ける症状がでました。
マスターシリンダーのパッキンの消耗が原因だろうと言う事で 
OH整備をしました。

11時頃から作業開始
P1040629-d.jpg


タンクやホース外して
P1040631-d.jpg


室内側
ブレーキペダルなどの固定を外して
P1040636-d.jpg


室内側へペダルごとマスターシリンダーを引き抜く
425はエンジンルームでマスターシリンダーだけ外せるのですが
602は大変ですね。
P1040638-d.jpg


無事めでたく取り外せました。ここで昼ご飯
P1040639a.jpg


シリンダーを固定しているこのピン(これは仕上がったときの新しいピンで2mm以上出っ張っていますが)
1mmくらいしか出っ張っていなくて
ペンチで挟んで引っ張ろうにも思うように力はいらず引き抜けません。
P1040663a.jpg


Uさんがヘインズを解読
そんなときは3mmのドリルの刃で抜くそうです。
試してみると、いとも簡単に引き抜けました。
すごい!
P1040653-d.jpg


無事シリンダーが取り出せました。
P1040654-d.jpg


内部はこんな感じ
P1040657-d.jpg


機能しなくなったゴムシール
P1040658a.jpg


新しいパーツ
LHM用なので緑色のしるし
ピストン用が4個です。
これは後期型のマスターがタンデムピストンになったそうで
そのためだそうです。
ピストンへ装着失敗の予備かと思ったのですが・・
ブレーキは一番大事な所だから改良されているんですね。
425は一系統だったから3回にわたっての変更かな
P1040660a.jpg


ゴムシールを傷つけないよう気をつけながら
そして方向を間違えないように
取り付け完了です。
P1040661a.jpg


ケースへ入れて
ピンを打ち込む
P1040663-d.jpg


タンク取り付け部のパッキンをはめ込んで
P1040666-d.jpg


取り外し作業の逆の手順
ペダルと連結して
室内側からマスターシリンダーを通し
P1040668-d.jpg


タンクを取り付ける
パッキンが新しくなったため
すんなりとはまりません。
そこで
このFクランプを使って無事装着完了
L型クランプ


次は
オイルのエアー抜き作業です。
まず
マスターシリンダー内のエアー抜き
ここのエアー抜きが肝心とUさんに教わりました。
P1040672-d.jpg


2カ所あります。
P1040675-d.jpg


その次は後ブレーキのエアー抜き 
右側→左側
P1040676-d.jpg


P1040678-d.jpg


次はフロント
425は左右ありますが
602は一カ所だけです。
P1040682-d.jpg


P1040686-d.jpg


夕方5時半ごろ完了。
P1040688-d.jpg


納車前に交換されたというLHMオイル(ブレーキオイル)
一ヶ月も経たずに、ずいぶん汚れちゃいましたね。
エアーが噛んでいたのも不思議です。
P1040692a.jpg

2cv整備 | 【2011-12-01(Thu) 21:41:52】
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント

顔出し全然問題ないですよ~

あの時はお世話になりました!忘れていた作業だったので良かったです。
最近はサイドブレーキレバーが崩壊しそうです…
2011-12-02 金 00:13:17 | URL | シャボ #- [ 編集]

シャボ 様

こんばんは。コメントありがとうございます。
こちらこそ。お邪魔しました。
奇想天外!たのしく大変でしたね(笑
貴重な体験をさせていただきました。

一巡するまでは次から次かな>サイド・・・
うちの一巡したところへ二巡目に気がつかなく苦労しました。ポイント寿命。。


後編へ続きます。よろしくです。
2011-12-02 金 00:28:31 | URL | colibri #1MVVVJvg [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する