プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


ホイールとタイヤの重さ
今回306に新しく取り付いたタイヤ
ミシュラン“エナジーセイバー”
185/60R14 82H の重さは約6,5kgでした。

では今まで履いていた
ピレリ“P6000”はどうでしょうか
なんと6,3kg!
2分山か3分山なので
新品時はほぼ同じだったと考えていいかな。

というわけで今回タイヤ軽くなったかなと期待しましたが残念賞でした。

で、写真のホイール
306オプションの物です。
このホイールとピレリで確か16kg
純正の鉄ちんとブリザックで15kg
15対14だったかも
とにかく、だいたい1k違いました。
P1040132a-d.jpg


拝借すみません。
タイヤ・ホイール重量表
ちょうど同じサイズのタイヤの重さが分かるのですが
6,5はとても軽い部類です。
仮にブリザックが1k重かったとすると
ホイールの重量差はなんと2kです。
同じとしても1kも重たい

アルミホイールは軽い って良く言われています。
アルミは鉄の1/3の比重だから という理由で

確かにアルミは軽い金属ですけど
強度ないので
鉄っちんほど肉薄に作れない
結果重たくなっちゃうんですね。

軽いアルミホイールは一部です。
安物はアルミ大バーゲンの傾向ありです。

また
ホイールを軽くすると乗り心地とか燃費良くなるって言いますが
タイヤも同じサイズでかなり違うので
こだわるのならこちらも検討すべきところです。

スポーツタイヤは剛性あげるために重たいのが多いそうです。

306 | 【2011-09-12(Mon) 21:56:22】
Trackback:(0) | Comments:(5)
コメント

バネ下が軽いと燃費が>
 ちょっと調べたこと有りますけど、
 アクセル一踏みぐらいの差ですね。
 燃費良くしたいなら
 「急加速急発進しない。」
 「無駄なアクセル踏まない。」
 「流れに乗る」「余計なものを積まない」
  と言った「運転術次第」のようです。
2011-09-13 火 08:26:15 | URL | RI #XZCHBuI. [ 編集]

RI 様

そうですね。
運転の仕方で随分違うでしょう。

バネ下が1k軽いと車体5kに相当って聞きました。実際どうなんでしょう。
うちの場合20k重くなってしまった。。
同じ重さでもホイールよりタイヤが軽い方が
回転外周なので効果があるでしょう。
それはまったく触れないのが不思議です。

軽いに越したこと無いでしょうけど空気圧の管理も燃費に影響ありますね。

自分の場合、燃費よりも
乗り心地に影響するという部分です。
軽くなるつもりが重くなってしまったので
すごくがっかりでした。
最初の「タイヤ+鉄っちん」はすぐにやめて
(入荷を待っている間だけ)
アルミに変更してしまったので
違いはまったく分からないのですが
でも1kの違いが分かる自信ありません。
敏感な人は分かるのかな
2011-09-13 火 17:50:57 | URL | colibri #1MVVVJvg [ 編集]
バネ下が軽ければ良いという物でもありませんね。
バネ下が重い車にも、独特の安定感があって良いものです。
ただし、バネ下が重くなると、それを収束させるために、強力なダンパーが必要となっちゃいますけれどね。

MICHELINは、一時期タイヤの軽さをアピールしていたような覚えがあります。
タイヤ関係は、2輪の方が多くの体験を持っていますが(一日で1セット終わりにしてしまうことも度々)、MICHELINのスポーツタイヤは、他社と比べて圧倒的に軽量でした。
実際に、タイヤを切断して内部構造を比べてみると、『単純で且つ明確』な作りで、軽い理由が良くわかりました。(マグホイールに組んでいたので、それはもう驚くほど軽かった)

乗り心地や燃費に影響するのは、タイヤやホイールの重さ自体より、組み込みの正確さやタイヤの真円度、ホイールバランスの方が大きいと思います。
『オプトライドプログラム』で綿密にバランス調整をすると、最高速明らかに変わります。(ただし、あまり厳密にやろうとすると、1グラムの違いを指摘してきますので、まるでマッチ棒を短く切ったようなウェイトの御世話になります(笑))
2011-09-13 火 23:07:19 | URL | カントク #9enIUaYc [ 編集]
もう一つタイヤにとって大事なこととして、『転がり抵抗の軽減』と言う物があります。
転がり抵抗が少なければ、燃費も良くなるって言うことですね。

「エナジーセイバー」は、比較的ころがり抵抗の少ないタイヤだったと記憶していますが・・・
何故か、天下り団体の主催しているテストでは、さらなる天下りの窓口となるメーカーに対して、若干不利なデーターが示されています。
2011-09-13 火 23:18:03 | URL | カントク #9enIUaYc [ 編集]

カントク 様

詳しく説明ありがとうございます。
フライホイール効果でしょうか(笑)>バネ下が重い車にも、独特の安定感
今回のタイヤのサイドウォールは薄く感じました。それが軽さに貢献しているかな
そして乗り心地にも
タイヤ屋さんの重りは5gでしょうか
最後のホイールには沢山付けていました。
余計重くなっちゃう(苦笑
エナジーセイバーは燃費指向のようで
転がり抵抗が少ないようです。
それでグリップ平気なのかなって不安に思います。
太い縦溝が2本走っているので
P6000に比べて接地面が少ないです。
サイズは一緒でもパターンで色々ですね。
ゴム質にもよりますから一概に言えないのでしょうけど
これだと195で同じくらいかな
2011-09-14 水 23:58:06 | URL | colibri #1MVVVJvg [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する