プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


黒くなりました。
耐熱塗料のブラックで塗装しました。
黒といえば黒色ですけど
真っ黒ってほどではありませんでした。
P1030890-d.jpg


行動はじめて一ヶ月かからなかったです。
自分としては作業がスムーズに進みました。
無事黒くなって良かったです。

2cv整備 | 【2011-07-25(Mon) 17:21:45】
Trackback:(0) | Comments:(4)
コメント
シリンダーヘッドカバーの温度では、耐熱塗料は焼き付けにならないので、何らかの熱処理が必要ですね。

熱処理をしておかないと、耐熱塗料はガソリンやオイルなどで簡単に剥離…いえ熔解してきます。

エキパイなどの塗装では、高温になるため特別な焼は入れませんが、マフラーなどの場合にはバーナーなどを使って良く熱処理をしたものです。

もう一つ気になることですが、剥離剤を使った後、丹念にお湯洗い&高温乾燥をさせたでしょうか?
目に見えないほどの巣穴に残った剥離剤が、後々塗装面に水ぶくれのようなものを発生させ、痛い思いをしました。(笑)
2011-07-25 月 22:23:44 | URL | カントク@マフラー塗装は得意 #9enIUaYc [ 編集]

カントク 様

こんばんは。
アドバイスありがとうございます。

缶に熱で強くなると書いてありましたが、
そのまま装着のつもりでした。
たしかにヘッドカバーの温度はたいしたこと無いですね。
バーナーで内側から熱してみます。

剥離剤の後処理は
ペーパーやすりで表面を磨いた後
ハンドソープで洗って乾かしました。(お湯洗いでないし高温乾燥でありません。)
シリコンオフないのでエタノールで拭いて
塗装しました。
アルコール処理が余計だったでしょうか?
2011-07-25 月 23:58:19 | URL | colibri #1MVVVJvg [ 編集]
こんばんは。
エタノールは問題ないと思います。
一番怪しいのがハンドソープです。
シャンプーや食器洗いの洗剤と違い、ソープ系は石けんかすが残りやすいので心配です。
でも、エタノールで拭いているので大丈夫でしょう。

ボディーの板金塗装屋さんでも、丁寧な仕事では剥離剤は使いません。
塗料を全て研ぎ落として作業をします。
どんなに綺麗に表面処理したつもりでも、ピンホールに残った剥離剤がいたずらをしちゃいますからね。
全塗装をするときなど、剥離剤を使っていない証拠として、研ぎ落とし作業の工程が、写真添付されたりします。

耐熱塗料は、十分な熱処理をすると驚くほど強くなります。
やり過ぎで、ヘッドカバーをひずませないでね。(笑)
2011-07-26 火 21:37:13 | URL | カントク@マフラー塗装は得意 #9enIUaYc [ 編集]

剥離剤の手っ取り早い成果につい・・・です(笑

石鹸は良くないんですね。
エタノールは気にしたのですが
石鹸を気にするべきだったとは

剥離剤の悪さが将来顔をだすかもしれませんが、ボディ塗装でないのが救いです。

熱処理、やり過ぎに気をつけます。

ありがとうございました。
2011-07-26 火 22:58:13 | URL | colibri #1MVVVJvg [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する