プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


プジョーPF10J ボトムブラケット整備
ボトムブラケットのグリースアップ整備をまとめてみました。
旧タイプのカップアンドコーン式BBです。

左右ペダル・フロントディレイラーを外したら左側クランクから作業します。
クランクキャップをコインドライバーで外します。
右側はチェーンを内側のギアにセットしてから外します。
DSCN9977-aa.jpg


クランクとBBシャフトは14mmボルトで固定されています。
DSCN9974-aa_20180705110835009.jpg


14ソケットレンチで外し
DSCN9975-aa_20180705110836518.jpg


コッタレスクランクリムーバーをセットします。
DSCN9970-aa_20180705123214437.jpg


8mm六角棒レンチで締め込みクランクを引き抜きます。
左はボルトが緩んでいてクランクも簡単に外れました。
右側はきつくスピンナーハンドルとクランクを鉄パイプで延長しても外れません。
工具が壊れそうなので、スライディングハンマーも併用して無事外れました。
DSCN9971-aa_201807051108105de.jpg


クランクが外れるとこんな感じです。
BBシャフト両端は四角です。
DSCN9996-aa_20180704175303393.jpg


引掛けスパナ(フックスパナ)でリングナットを外します。鉄パイプで柄を延長して外しました。
DSCN9998-aa_2018070511265491a.jpg


左ワンは24mmメガネ(スパナ・モンキー)で外します。
ここはきつくなかったです。
1/4インチベアリング球11個です。両側合計22個。
DSCN9996-aa_201807051221597ae.jpg


bbシャフト全体の写真取り損ねました。
DSCN9997-aa_20180706081821306.jpg


ボトムブラケット内部に防水のためこのようなパーツが入っています。
ウォーターシースという名前だそうです。
DSCN9985-aa.jpg


次に右側です。
異音が出るだけあってグリースはだいぶ少ないようです。
DSCN9995-aa_20180605120014483.jpg


右ワンは工具の引っ掛かりが浅いのでこのような工具押さえを作りました。
DSCN9999ss-aa.jpg


しっかり36mmスパナを押さえます。
そしてパンタジャッキで支えて大ハンマーで叩き緩めます。
ここは二人で作業しました。車輪を宙に浮かせ負担を掛けないように。そして自転車倒れないように。
ここのねじ切りはなんと逆ネジ
ペダルの逆ネジの理屈からすると右ワンは正ネジでよいと思うんですけど。わざわざ逆ネジにするなんて不思議すぎます。
イタリア車と昔のフランス車は正ネジのようです。
DSCN9973-aa_201807051210144e5.jpg


数回叩いたら緩みました。
DSCN9990-aa_20180705122156010.jpg


無事右ワンが取り外せました。
この右ワンは今回のグリースアップでは外す必要がありませんが挑戦してみました。
DSCN9993s-aa.jpg


左右ワンの内側です。
DSCN9995s-aa_20180705122158aae.jpg


右ワンにグリースを
どのくらいが良いのかわかりません。このくらいで。
協同油脂のエクセライト、ウレア系グリースちょう度No.1を使いました。
もう少し固いのが良かったような気がしました。
DSCN9997-aa_20180706181431dac.jpg


ネジ山を綺麗にしてグリースを塗布。
DSCN9996-aa_201807051159180b4.jpg


手回しでここまできました。
DSCN9999-aa_20180706181431e5b.jpg


プラハンで締め付け
もう少し重たいのが良かったです。
DSCN9973-aa_20180705112630141.jpg


締め付けトルクの参考に元の位置をマスキングテープで印しておきました。
外す前の写真です。
DSCN9981a.jpg


そして今回はここです。
多少足りていませんが十分締まったと思います。
DSCN9975a.jpg


ボトムブラケット部分の内部です。
DSCN9983-aa.jpg


右ワンを取り付けた後ベアリング球・BBシャフトをセットしウォーターシースをセットします。
左ワンにグリースを入れベアリング球をセットします。
DSCN9992-aa_20180705112636c7f.jpg


24mmメガネ(スパナ・モンキー)で左ワンを玉押し加減見ながら締め付け
DSCN9997-aa.jpg


引掛けスパナでリングナット締め込み
この時ワンが供回りしないようにメガネで押さえておきます。
プラハンで柄を叩きました。
あとはクランクとペダルそしてディレイラー取り付けてチェーンをセットして完了です。
DSCN9999-aa.jpg


仕上がりました。使用工具と一緒に記念写真です。
写真にありませんが鉄パイプ・スライディングハンマー・大ハンマー・モンキーも使いました。
DSCN9981-aaa.jpg


使用工具
コッタレスクランクリムーバー
引掛けスパナ45/48
36mm片口スパナ
15mmスパナ(ペダル外し)
24mmメガネ(スパナ・モンキー)
8mm六角棒ソケット
14mmソケット
10mmソケット(フロントディレイラー)
スピンナーハンドル
コインドライバー
先曲がり千枚通し(ネジ山磨きに)
プラハン(600g使いましたが900gのが良かったと思う。それか1.8kgのハンマー)
5.5kgハンマー(3kgで良さそうです。)
パンタジャッキ
鉄パイプ
スライディングハンマー
36mmスパナ固定用・・・
ボルト M12×125mm 
大きなワッシャー2個
21mmスパナ(工具固定のボルト締め付け。モンキーかメガネでも)

使用材料
ツバキ・ナカシマ 1/4インチ ベアリング球 22個
協同油脂 エクセライト ウレア系グリースちょう度No.1

自転車 | 【2018-07-06(Fri) 18:28:53】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する