プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


306のスターターモーター修理
9年前スターターモーター故障の時、中古部品で対処しました。
ダメになった距離は5万キロ手前
そして交換した物は14万超えです。
現在13万手前なので取り替えたモーターは22万キロ使っていることになります。
オートマはこれが壊れると身動き取れないので不安になっていました。

マグネット部分の故障だと思っています。
この部品が5千円しないで買えることが判って交換できれば動くかなと。
そこでまず分解できるかどうか挑戦
DSCN9838-aa.jpg


頭のカバーは簡単に取れました。
DSCN9839-aa.jpg


2cvは手動だけどこれは磁石の力で動く奴
新鮮です。
DSCN9840-aa.jpg


シャフトがかなり錆びています。
この部分はスライドするはず
でもびくともしません。変です。
スライディングハンマーでコンコンして動くようになりました。
錆固着していたようです。ひょっとしてこれが故障の原因?
DSCN9845-aa.jpg


取り敢えず出来るだけ分解しました。
DSCN9842-aa.jpg


飛び出しギアの前後に給油でもいいかなと思いますが
出来れば取り外してしっかりグリスアップしたいです。
同じ所へ戻したいのでテープで印して
DSCN9898-aa.jpg


先端のストッパーリングをパイプをあてがい後方へ叩き落とし
Cリングの取り外し
これはピストンリングプライヤーでいけるかと思ったけど刃が立たず
太めの千枚通しを押し込んでいったらすんなりと外せました。
飛び跳ね注意です。
DSCN9895-aa.jpg


これで先端のリングが外せ飛び出しギアも外せます。うれしい。
DSCN9897a.jpg


無事に外せました。
シャフト錆びていました。
DSCN9904a-aa.jpg


内部はこんな感じです。
劣化したグリスが居残っているので分解した甲斐があります。
ギザギザはシャフトのスプラインの数の半分
同じ位置に戻そうと思いましたが、これだったら使っていないところへ
一駒ずらして戻そうと思います。
DSCN9902a-aa.jpg


シャフト回そうとしても回らないけど、そんなもんなのかな
モーター内部の問題でないと良いのですが。
ここ開けずに直って欲しいです。

306 | 【2017-02-15(Wed) 00:45:57】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する