プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


ピストンとリング
新しいピストンの重さを測ってみると残念なことに4gも違います。
時々234gもあるので4gまではないのかも知れません。
0.1g計測の測りが欲しくなりました。
DSCN8275-aa.jpg

DSCN8273-aa.jpg


これを使うより重さの揃っている元のピストンの方が良いかもと思って
新しいリングの合口クリアランスを測ってみました。
一番リングは0.27mm
DSCN8278-aa.jpg

DSCN8277-aa.jpg


二番リングは0.30mm
DSCN8286-aa.jpg

DSCN8288-aa.jpg


三番オイルリングは0.28mm
DSCN8291-aa.jpg

DSCN8293-aa.jpg


クリアランス調整は必要なくそのまま使えそうです。

2cv 1965 | 【2016-06-06(Mon) 19:24:14】
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
裏側の肉抜きで重さを合わせますが、もう少し簡単な方法は、ピストンピンの肉抜きであわせる方法もあります。

いずれにせよ、ピストン単体で重量を計ってもあまり意味をなしません。
ピストンピンやコンロッドなどを含めて重さを合わせて行かないと・・・
2016-06-06 月 23:18:51 | URL | カントク #9enIUaYc [ 編集]

こんばんは。
昼間、重量合わせをサイトで調べました。
肉抜きは根気勝負ですね。
ピンを削る話しもありました。
ただ硬い金属で大変だそうです。
回転砥石だといけるのかな
ピストンもピンも強度が少なくなってしまいそうで心配です。
ピンの重さは59gで二つとも同じでした。
'69のピンも同じ59gでした。
中空なので錘を詰めて重くする事が出来たらいいなぁと。
コンロッドは外せないので測りに寄りかかる感じで測定してみましたが、少しの違いで重さが変わるため諦めました。
そんな訳で'65のピストンを使うのが手っ取り早そうに思います。
2016-06-06 月 23:54:08 | URL | colibri #1MVVVJvg [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する