プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


仕上がりました。
不可解が解決しました。
パッドは相対して形が揃うべきだと思うのですが違いました。
今回それが腑に落ちなくてすっきりしませんでした。
それと昨日、内側外側のパッドを入れ替えてみることは両側出来ましたが
左側キャリパーのパッドを右側キャリパーの外側には付きません。
これも不思議でした。
今日、もう一度確認のためパッドを外してみました。
左から左側キャリパー装着のパッド二枚、右側キャリパー装着の二枚です。
四枚ともLの刻印
DSCN6968a-aa.jpg


キャリパー外側は押さえの突起があるのでパッドの形状を選びます。
内側ピストンの方は形状を選びません。何でも付きます。
DSCN6972a-aa.jpg


ここで内側の取り付けがパッド左右間違えていることに気が付きました。
このように正対したときに形が揃わなくては

バック時に周期的にガツンと衝撃が出るのは
これが原因だったようです。
上のパッド、摩耗に現れています。
最初の頃はキャリパーの横移動がスムーズだったから症状が出なかったのでしょう。
スライドピンのブーツ破けでグリース切れで動きが悪かった事が症状を顕著にしたと思います。
DSCN6983a-aa.jpg


パッド形状がこのように合うべきですよね。
刻印がLとRだったら間違われなかったかも知れません。
DSCN6976a-aa.jpg


これで疑問が解決しました。
内側のパッドを左右入れ替えれば良い事が分かったのですが、
今回は取り付け位置を変更したかったので
右側:今まで内側のパッドを外側へ
左側:今まで内側のパッドを外側へ
それぞれ内側パッドは左右入れ替えで取り付けました。
DSCN6996aa-aa.jpg


パッドに消耗センサー取り付けの穴が開いています。
この穴が4枚すべて下側に来るのが正解のようです。
DSCN6994-aa.jpg


エアー抜きをしてブレーキ踏んでオイル漏れの確認
問題ないようです。
DSCN6988a-aa.jpg

DSCN6992a-aa.jpg


試走してみました。
とてもスムーズです。
バック時のブレーキもガツン無くとても普通に良いです。
少し様子見が必要ですが取り敢えず仕上がりました。

今回予算の都合でパッドとディスクの交換は見送りました。
ただそのお陰で装着間違いに気がつくことが出来ました。
なるべく早くパッド・ディスクの交換をしてあげたいです。

106 | 【2016-02-24(Wed) 21:34:41】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する