プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


2cvのガス欠時に
2cvガス欠の時にこの150mlオイルシリンジが吸い上げに使えそうです。
燃料配管の容積を計算してみました。
内径6mmで長さ4mだと113mlくらいです。
ただガソリンに耐える素材かどうかが分かりません。

内径5mmで計算すると78.5mlなのでストさんの100mlシリンジで良いかもしれません。
500円でお安いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Mさんより良い方法を教わりました。
キャブレターの空気を吸い込む部分を手で覆い
クランキングすると負圧で燃料が持ち上がるそうです。
これだとお金使わずに済みます。
どうもありがとうございます。

工具 | 【2016-02-01(Mon) 19:44:25】
Trackback:(0) | Comments:(2)
コメント
キャブレターもかなり熱くなっているので、厚めのゴム手袋(ゴム引きの軍手が最高)を常備しておくと良いですね。
やけどの防止の他に、ゴム引きだと密着度も上がりますよ。

私は夏場のパーコレーションのため、電磁ポンプに換える前は良くこの方法を使いました。

オイルシリンジ・・・ピストンのゴムが膨潤して上手く使えません。
2016-02-02 火 22:39:04 | URL | カントク #9enIUaYc [ 編集]

カントク様
こんばんは。
そうでした。Mさんもエンジンが熱い時は火傷しそうになるって仰っていられました。
あとケッチン防ぐために電源オフかコイル端子外すかしておくようにと教わりました。
ゴム手も常備するようにします。
そう言えば'87のはじめてのエンジン始動時、
手伝ってもらったFさんもそのようにして燃料を送っていられたことを思い出しました。
シリンジですが、手元にある小さいのも
ピストンのゴムがきつくなります。
あれは膨張して具合が悪いのですね。
一度動かすとその後はどうにか使えます。
2016-02-02 火 22:51:34 | URL | colibri #1MVVVJvg [ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する