FC2ブログ
プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


CITROËN 2CV6 OWNER'S MANUAL ②
【重要】

シトロエン2CV6の排出ガス清浄装置とその取り扱いについて

Ⅰ.排出ガス清浄装置
 この車には、排出ガスを清浄にするために、次の主な装置を備え
 います。
 1. 三元触媒装置
 2. 活性炭入りキャニスタ
 3. ブローバイガス還元装置

Ⅱ.取扱い方法
 排出ガス清浄装置を正常に作動させるため、次の項目について正
 しい取扱いを行って下さい。
 1.燃料は必ず無鉛ガソリンをお使い下さい。
 2.三元触媒装置は四年毎に取替えるように義務づけられています。

Ⅲ.エンジンの始動要領(チョーク操作方法)
 この車には、警告灯付き手動式チョークが備えられております。
 チョークを引くと、ボタンが点灯します。
 チョークはエンジンが冷えている時のみ使用してください。
エンジンが冷えている時
 1.チョークを一杯に引き、アクセルを踏まずにスタータを回して
   下さい。
 2.一回でエンジンが始動しない時は、スタータの使用を10秒程度
   で止め、少し間を置いて再始動して下さい。
 3.エンジン始動後、チョークをノッチで止まる位置まで戻して下
   さい。
 4.この位置で暖機運転を行なって下さい。
 5.暖機運転後、チョークを完全に戻して発進して下さい。
エンジンが暖まっている時
 1.チョークを引かずにアクセルを1/2程度踏み込み、スタータを回
   して下さい。
 2.一回でエンジンが始動しない時は、スタータの使用を10秒程度
   で止め、少し間を置いて再始動して下さい。


Ⅳ.排気系温度異常上昇警報装置
 この車は、排気温度の異常上昇を感知し、運転者に知らせる警報
 装置を備えています。


警告灯:警告灯は計器板の左側下部にあり、「EXH」と表示して
 あります。
警告灯の確認:警告灯はイグニッションを「ON」位置に入れる
 毎に数秒間点灯します。


《運転上のご注意》
 計器板の警告灯「EXH」は、イグニッション
 を「ON」位置に入れる毎に数秒間点灯します。
・運転中に点灯したときは、ただちに可燃物のな
 い場所に停車して下さい。
・エンジンを一旦停止し、イグニッションを「ON」
 位置に入れ警告灯が消えるまで、お待ち下さい。
・警告灯が消えないとき、またはたびたび点灯す
 るときは、指定サービス工場で点検を受けて下
 さい。




騒音防止対策について
 
騒音防止のため、次の項目について正しい取扱いを行なって下さい。
 ・タイヤ等:車両に装備されているホイール及びタイヤは、規定の
  ものをご使用下さい。
 ・車体:みだりに車体等の改造は行わないで下さい。
 ・消音器:消音器の改造及び取りはずし等は行わないで下さい。
 ・その他:車両の構成部品について、改造、変更、取りはずし等
  は行わないで下さい。 

取り扱い説明書 | 【2012-10-14(Sun) 20:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する