FC2ブログ
プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


タペット調整後、オイル漏れ
次の日、エンジン動かして確認すると
前日と変わらずにオイル漏れ
うーむ純正のパッキンでもダメなの

そこでヘッドカバーの上下を変えてみて試す。
これもダメ
取り付けトルクを強くしたり
弱くしたりでも変化無し
P1100553-dd.jpg


ヘッドカバー変形での漏れかと思い
今まで問題なかったアルミヘッドへ戻す。
P1100540-dd.jpg


でもオイル漏れは直らず
P1100560-dd.jpg


今回、タペット調整でヘッドカバー外すので
シリンダー・ヘッド固定のナットを確認
締め付けトルク250で これ602の指定値
これがいけなかったかも

230に取り付け直して
タペット調整ももう一度やり直して
ヘッドカバー取り付けて
でもオイル漏れ

エンジンを吹かすとオイルが漏れます。
ヘッドカバーに溜まるオイルを密封するのに
エンジンの回転にそんなに関係ないだろうし
よく観察すると
どうもパッキンの所から と言うよりも
奥から
強すぎるトルクでヘッド歪むとかクラック入ってしまったかな
と不安がよぎります。

ここでHさんから当たり面の平面・直線具合の確認するように
アドバイスを戴き
定規を当ててみましたが問題なさそう。
パッキンなしでヘッドカバーあてての感じも良さそう。
P1100561-dd.jpg


あー なんてこったぁ 
調子よかったのになぁ 

思わぬ所でつまずきです。
シリンダーヘッドの異変かなぁ

面倒だけど
クーリングパネルを外して確認
拭けるところ拭いてオイル汚れ無くし
エンジン動かして確認
すると漏れなし!?
P1100579-dd.jpg


右ヘッド良好。
P1100582-dd.jpg


左ヘッドも良好!
P1100585-dd.jpg


ここで原因に気がつきました。
ヘッドカバーを外した際に
クーリングパネルへ少しオイルが流れ
それがクーリングファンの風の勢いでオイルが噴き出す。
そのまま放っておけばオイルの流れは収まったけど
気にしてヘッドカバーを開けるから
またクーリングパネルへオイルを供給して
この繰り返し
P1100587-dd.jpg


今回は慎重に確認したのがあだとなりました。
でもとても良い勉強が出来ました。
1日余計に四苦八苦しちゃいましたけど・・・

で終了はまた深夜となりました。
P1100590-dd.jpg

2012エンジン整備 | 【2012-08-01(Wed) 20:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する