FC2ブログ
プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


真鍮製スパークプラグターミナル
先日真鍮製プラグターミナルのこと記事にしたのですが、試しに買ってみました。
一つ交換して並べてみました。いい感じです。
でも、中古プラグから金色のターミナル見つけた次の日に届くという皮肉さ。
買わなくても銅合金製ターミナルに交換できたけど、他の車にも使えるから良しとしましょう。
e-DSCN9978_20190116212014798.jpg


ここ銅合金にすれば電気抵抗減るからいいかなと思いました。
銅と違って合金になるとぐっと抵抗が増えるようです。
それからプラグ自体もターミナルから電極まであまり電気抵抗を減らそうとした設計でないようです。
現代のは殆ど抵抗入りですし
先端の方だけ銅が使われているようですが、それも放熱効果を狙ってのようです。

2cvデータ | 【2019-01-16(Wed) 21:43:59】
Trackback:(0) | Comments:(8)
中古スパークプラグ
先日、今までのスパークプラグひとまとめの箱が見つかりました。(これがすべてではないのですが)
ばらばらでしたが品番や焼け具合などからだいたいペアを推測しました。
e-DSCN9979_20190116212012c91.jpg


金色のターミナルもありました。
e-DSCN9983_20190116212013840.jpg


すぐ煤だらけになってしまってプラグ替えたけど
根本が改善されなくては良くならないですよね。
プラグ自体の問題ではないのですから

2cv 1970 | 【2019-01-16(Wed) 21:27:55】
Trackback:(0) | Comments:(0)
2cvのドエル角 ③
ドエル角が理解できるようになったらヘインズに記載があることを発見しました。
ヘインズ2cvの62ページです。

Dwell angle (percentage) :
Up to February 1970.................142°to 146°(78% to 81%)
February 1970 on.....................106°to 112°(58% to 62%)

これは375と425が上段で602が下段のようですが、ようするに6vが上段で12vが下段と解釈するのだと思います。
6vは電圧低いのでコイル給電時間が長いようです。
そのイグニッションカムで12v仕様なのはポイントとコイルに負担が掛かります。
確かにポイントギャップ0.4で調整したところ80%でした。設計通りです。
6vを12vに変更した際ここが違うのにはさすがに気が付かなかったようです。
奥が深いです。
そして12vが60%なのは勉強したとおりの数値です。
カムが違うのですから60%に持って行けないわけです。
P1040443-d_201901131805338b7.jpg

2cvのドエル角 ①
2cvのドエル角 ②

2cvデータ | 【2019-01-13(Sun) 18:28:22】
Trackback:(0) | Comments:(0)
How to Restore Citroen 2CV が読めます。
How to Restore Citroen 2CVという本が閲覧できます。
文章コピーできたら機械翻訳できたのですが、コピーできませんでした。

2cv | 【2019-01-12(Sat) 17:01:45】
Trackback:(0) | Comments:(7)