FC2ブログ
プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


イグニッションコイルの外付け抵抗
'70 2cvのイグニッションコイルはワコーテクニカル社のツインコイル TW-2Tを使っています。
コイルの一次抵抗は重要なものだそうで、二気筒は3.3Ωが良いと知りました。
このコイルは1.2Ωでメーカーで用意されているのは1.5Ωのセメント抵抗30w
合計で2.7Ωで足りません。
そこで2Ω50wのセメント抵抗に交換してみました。合計で3.2Ωでほぼ理想の数値になります。
走らせてみたらこれが驚くほどパワーアップ(トルクアップ?)してとても運転しやすくなりました。
とくに顕著なのがクラッチ踏んだときのアイドリングの落ち込みの違いです。
スラストベアリングがカーボン製で抵抗があるためアイドリングが下がります。
1050回転のアイドリングで650くらいに落ちます。400回転くらい。
それが200回転落ちの850回転になりました。
いままでエンストが心配だったのですが不安なくクラッチ踏めます。
もう少しアイドリング下げてもよさそうです。
e-DSCN9972.jpg


あと油温計の温度が2度くらい高いと思います。
燃焼が強く発熱が多いのかも知れません。

2cvデータ | 【2018-11-28(Wed) 23:41:59】
Trackback:(0) | Comments:(0)
プラグの焼け具合
左が左シリンダーで右が右シリンダーです。

登録時とfbmに使ったBP5HSです。(もともと使用品でした。)
右がくすぶっています。
かなり白く熱価があっていません。
e-DSCN9999.jpg

e-DSCN9998_201811251522311c7.jpg


fbmの後に使ったプラチナプラグB6HVです。
これも右側がくすぶり気味
色味はベージュで左より良いです。
6番でも白いので7番でもよさそうです。夏は7番にしてみます。
e-DSCN0003_2018112515222900e.jpg


左はヘッド交換でバルブすり合わせしてあり、ヘッドも煤なくきれいです。
燃焼状態に違いがあるようです。

2cv 1970 | 【2018-11-25(Sun) 16:37:18】
Trackback:(0) | Comments:(3)
2cv プラグネジ山
8月半ばの話です。
'70 2cvは4年休眠。
その間エンジン動かすことなかったので、プラグ穴からオイルを供給。
プラグを戻そうとしたら締め付けがきつくならず気持ち悪いのでやり直したら、戻らなくなってしまいました。
そんな訳でヘッド交換しました。
e-DSCN9998_20181123211646684.jpg


リコイルされたネジ山が弾けています。それでネジピッチが広がりプラグ戻らなかったようです。
e-DSCN9998a.jpg


数日後の写真なのですがリコイルのネジ山が折れているようです。
プラグを何度かねじ込もうとして脆くなっていたんですね。
e-DSCN9973a.jpg

2cv 1970 | 【2018-11-23(Fri) 22:04:34】
Trackback:(0) | Comments:(0)
2cv用特殊工具
ハブナット緩めたり締め付けたりするときの工具です。
以前は自作で。
P1150404-dd_20181122211936f5a.jpg


そして今回のブレーキ修理にはHさんに手配していただいた?な形のもの
1mくらいの長さがあって二か所ホイールナットで固定し片側は地面に。
これはシトロエン社特殊工具の寸法図と同じに作られています。
Hさん、お手数をお掛けしました。ありがとうございます。
自作のはジャッキアップの高さに神経質でしたが、こちらはどの高さでも問題なし
すごく勝手がよくて笑みがこぼれるほどでした。とても快適。
e-DSCN9986.jpg

工具 | 【2018-11-22(Thu) 21:31:06】
Trackback:(0) | Comments:(0)
2cv ファンとファンカバー交換
真っ黒に汚れて同じファンとは思えなかったファン。
洗ったら同じ白色。とても綺麗になりました。
これも欠けていますがだいぶ良いので交換しました。
e-DSCN9983.jpg


そしてファンカバーを網の細かいのに交換しました。
Nさんからの頂き物やっと活用です。ありがとうございます。
e-DSCN9984_2018112120124534b.jpg

2cv 1970 | 【2018-11-21(Wed) 20:20:06】
Trackback:(0) | Comments:(0)
不調の原因は。
ドエル角考える前の話なのですが
平地をエンジン負担なく淡々と走行しているとエンジンがガクガク揺れる不具合がありました。
fbm出走時は問題なかったです。その後ポイント交換と点火時期調整そしてプラグコードとプラグを交換しました。
コンデンサーを疑い交換した際、点火時期を1コマ遅らすのを勘違いして早めていたのに気が付きました。
原因はこれだ!と喜んだのですが完全に直らず症状が出ました。
あと残るはプラグです。fbmの時使用のB5HSに替えたら調子よくなりました。
でも熱価5番は熱すぎて真っ白なのでBP6HSにしました。
写真は具合悪かった時使用のB6HVで中心電極がプラチナのです。
パワーアップ期待していたのですが残念です。
e-DSCN0003.jpg

2cv 1970 | 【2018-11-20(Tue) 20:22:36】
Trackback:(0) | Comments:(2)
2cvの点火時期は上死点前約13度
2cvの点火時期は上死点前何度なのかを確認してみました。
ヘインズなどに記載されているのかも知れませんが実戦で。
プラグ穴からピストンが一番見えるところを上死点としました。
正確さに欠けますが

点火時期位置より4コマあるかどうかでした。
だいたい13度から13.5度のようです。
ヨーロッパのガソリンオクタン価は95らしいです。
日本のレギュラーが90でハイオクは100
レギュラーは上死点前10度でハイオクは17度が良いそうです。
以前から前後1コマずらしてセットが良いだろうと思っていましたがやはりそうでした。
ハイオクは1コマ進めてレギュラーは1コマ遅らすのが良さそうです。
2cvは圧縮比が低いのでレギュラーで良いと思っています。
または半々、これが一番かも知れません。

2cvデータ | 【2018-11-19(Mon) 17:43:26】
Trackback:(0) | Comments:(0)
2cvのドエル角 ② 
ドエル角はポイント接点が閉じてコイルへ通電している時間
60%が良いそうです。
2cvの場合一回転に一回点火なので216度になります。
フライホイール107駒なので64.2駒です。
写真はドエル角60%に合わせたポイントギャップです。
すごい寸法になってしまいました。
測りませんでしたが3mmくらいありそうです。
そしてこのギャップでは点火時期調整できませんでした。
e-DSCN9969_20181118213909e43.jpg


ポイント箱調整代いっぱいでこんな具合でした。
1.5mmくらいでしょうか
実際にエンジン動かして様子を見ましたが、ポイント接点火花は飛んでいなく問題なさそうでした。
これでドエル角は77駒で72%になりました。
0.4のギャップの時は86駒で80%でした。
e-DSCN9973.jpg


走ってみましたが力もありますし良さそうに思います。
これでコイルの休憩時間が増え寿命が延びたと思います。
純正のコイルは夏場パンクするそうですがドエル角理想に近くすれば改善するかもしれません。
0.4のギャップで60%のドエル角にするにはカム山加工するようです。


2cvのドエル角 ①
2cvのドエル角 ③

2cvデータ | 【2018-11-18(Sun) 22:16:29】
Trackback:(0) | Comments:(0)
2cv プラグコード改良しました。
以前はコイルをバルクヘッドに設置。
そこからプラグまで長いコードで対応していました。
20080521213527_201811181251560f3.jpg


その後本来の位置へ移したためコードが余って見た目よくありませんでした。
MSDのプラグターミナルとブーツを使って短くしました。
ぴったりの長さですっきりしました。
e-DSCN9996_2018111812540936b.jpg


青色も目立ち好みで無くなったので、今回黒い網タイプのコードカバーを被せて地味にしてみました。
8mm径に被せて9mmくらいになっているため太いのが残念です。
ブーツも黒か灰色だと最高なのですが。
e-DSCN9998_20181118125411378.jpg


このタイプのイグニッションコイルを横倒しで使うのはどうなんでしょう。
取りあえず問題ないようですが寿命短くなるかな

2cv 1970 | 【2018-11-18(Sun) 13:09:14】
Trackback:(0) | Comments:(0)
2cv リアドラムブレーキプーラー
2cvのリアドラムを外すプーラーは市販されていますが取り付けるプーラーは無いようです。
リアドラムを戻すのはいつも大変でハタガネを利用したり
P1150384a-dd_201811172120562bd.jpg


Fクランプを利用したり
ただテンション掛かるまで一人でのセットは大変です。
P1160471-dd_20181117212054616.jpg


そこで2cvのドラム径の専用プーラーを作りました。
e-DSCN9969.jpg


なかなか具合良く活躍してくれました。
e-DSCN9971.jpg

工具 | 【2018-11-17(Sat) 21:29:36】
Trackback:(0) | Comments:(0)
2cvのドエル角 ①
ドエル角を勉強しました。
ポイント接点の接触している時間の長さ
クランク軸の回転角度で考えるようです。
2気筒の場合360度の半分で180度
その60%が良いそうです。
なので108度
水平対向2気筒なので一回転に一回の点火なので違うかな
ドエル角測れるテスターがあるようですが2cvの場合はフライホイールの駒数で測れそうです。
駒数は107なので一齣3.36・・・度
108度は32.1駒
点火時期調整用ランプが点灯している駒数です。
消えている駒数は21.4駒です。
この駒数になるようにポイント接点の隙間を調整すると良いようです。
e-DSCN9982.jpg


さっそく確認してみたところ単気筒と同じに考えるようです。
32.1駒でなく倍の64.2駒 
クランク一回転に二回は点火しないですものね。
107駒の60%で64.2駒です。
で、自分のはどのくらいか測ったのですが86駒でした。約80%になります。
ポイントギャップ0.4なので0.5くらいの方が良いのかもしれません。

2cvのドエル角 ②
2cvのドエル角 ③

2cvデータ | 【2018-11-16(Fri) 17:15:58】
Trackback:(0) | Comments:(0)
2cv不調です。
fbmの後、ポイント交換と点火時期調整しました。
プラグはngkプラチナ6番そしてプラグコードは短く作り直して。
力は明らかに増したのですが定速走行時(エンジンに負担の無い淡々と走行)エンジンがガクガク揺れます。
アクセルを一定に踏んでいないように・・・。
コンデンサー不良かと思い交換しました。そしたら点火時期調整勘違いで早くしていました。で、遅くして
改善を期待して試走しましたが完全には直らず
fbmからの変更はあとプラグとコードなので、プラグを交換してみようと思います。

2cv 1970 | 【2018-11-16(Fri) 16:12:46】
Trackback:(0) | Comments:(0)
FBMに行ってきました!
早朝のグランドです。
e-fbm2018a.jpg


2cv 1970 | 【2018-11-03(Sat) 22:13:50】
Trackback:(0) | Comments:(0)