プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


306 10回目の車検
機関は合格でしたがウオッシャー液無かったのとラッパのマークが消えてしまっていて不合格
トイレで水貰って、ボールペン借りて急いで作って
DSCN9824-aa.jpg


無事合格。
DSCN9822-aa.jpg


もう何度か車検来ていますが初めて発煙筒があるかどうかの確認がありました。
車検費用は約7万円
21年131600k

306 | 【2017-08-31(Thu) 21:45:13】
Trackback:(0) | Comments:(0)
306 センターマフラー・リアマフラー交換
日曜日、マフラー交換をしました。

やっと新品が買えました。
ヨーロッパのお店結構あたったのですが、日本へ送ってくれるとこなく
結局国内調達です。
DSCN9772-aa.jpg


ウォーカー製です。
DSCN9773-aa_20170828225112373.jpg


プジョー純正と並べてみました。
DSCN9779-aa.jpg


プジョーのもウォーカー製だと思うのですが微妙に違います。
DSCN9782-aa.jpg


フランジ部分は二重構造で丁寧です。
DSCN9776-aa_20170828225047d31.jpg


リアマフラーは右側が今までの
プジョー純正だと思います。
ヤフオクで買ったのですが内部崩壊でうるさかった。
左がIさんから頂いたボーサル製
Iさん、ありがとうございます。
DSCN9777-aa.jpg


一緒に買ったクランプ
ボーサル製かな
ボルト頭がクランプの四角穴へ嵌まり回らないのは有難いのですが
DSCN9790-aa.jpg


短くて・・・
しかもワッシャーが捻りタイプだからどうにも足りない
結局古いボルトとナット
フランジタイプなので装着しやすい。
新しいのボルト頭はいいけど長さはもう5mm長くナットはフランジタイプだったら良かったと思います。
DSCN9791-aa.jpg


取り付けは触媒にセンターを嵌めながらゴムで吊り
リアを吊るし
そのフランジにセンターのフランジをパンタジャッキとかウマに載せて合わせ
前側の触媒との接続を決め
そしてリアマフラーと接続
これだと無理なく一体になっていいんじゃないかと。
DSCN9793a-aa.jpg


無事取り付きました。
DSCN9796a-aa.jpg


静かになりました。
アイドリング時プジョー独特のグチョグチョ音が聞こえるようになりました。
穴が空いて3年粘ったけどやはりAT車は静かなのがいいです。

306 | 【2017-08-28(Mon) 23:20:10】
Trackback:(0) | Comments:(0)
106 ハブベアリング交換 ⑧
右側はハブが1mmほどガタがありました。
高速走行でホイールに振動が出たのはホイールバランス不良でなくハブベアリング摩耗だったようです。

ナックルとハブの分離ですが、プーラー二本掛け
ナックルの引っ掛け高さが違うのでスパナをあてがって調整しています。
DSCN9989a-aa.jpg


でもこのベアリングセパレーターをナックルに使えたかも知れません。
写真はハブに残ったインナーレースを引き抜いているところです。
DSCN9677-aa.jpg


ナックルにベアリングを組み付けているところです。
左側作業はスパナだったのですがメガネを買いました。
外れないのでやり易いです。ナックルの出っ張りに引っ掛けて反対側をソケットで回します。
外したアウターレースで押しますが、そのまま使うとナックルに嵌って外しにくくなります。外周を削ってあります。
DSCN9704-aa.jpg


スナップリングの切れ目の位置を上方向にしましたが、メーカー組付けは下側です。
下側だとリング取り付け溝に水が溜まり錆びやすかなと
でも乾きやすいかな
やはり下側にすべきだったかな
DSCN9715-aa.jpg


ベアリングが取り付いたナックルにハブを取り付ける最後の作業です。
左側作業ではプーラー三本掛けでした。
斜めに入り始めて危なかったので今回はM20のスダットボルトとナット2個を用意しました。
(プーラーに付属のボルトはM22でハブのスプライン穴に入りません。)
DSCN9723-aa.jpg


なかなか安定していて具合が良かったです。
無事に収まって道具を緩めたところです。
DSCN9721-aa.jpg


左側7日、右側3日で10日間も掛かってしまいましたが、どうにか仕上がって良かったです。

106 | 【2017-08-27(Sun) 00:53:08】
Trackback:(0) | Comments:(0)
106 ハブベアリング交換 ⑦
反対の右側、月火水の三日間で仕上がりました。
詳細はまた改めて。

106 | 【2017-08-23(Wed) 23:38:21】
Trackback:(0) | Comments:(0)
106 ハブベアリング交換 ⑥
【18日】
錆を落としてきれいにしました。
側面は寸法変わるので特に触らなかったです。
DSCN9921-aa_20170820212722b55.jpg


プーラーでベアリングを押し込んでいるところ
DSCN9923-aa.jpg

DSCN9925-aa_201708202127260bd.jpg


きっちりセットできました。
ベアリングは設計的には表裏がないようですが文字が片側だけにあります。
これを確認できる側へ装着するそうです。
DSCN9928-aa.jpg


ハブ装着側はベアリングが見えなくなるのでベアリングの文字なしの方を。
DSCN9930-aa.jpg


抜け止のCリング取り付け
DSCN9936-aa.jpg


次はハブをナックルへ取り付け
DSCN9937-aa.jpg


ハブプーラーのボルトで組みたかったのですが、ボルトが22mmで太く入りません。
仕方なく三本爪のプーラーで。
入り始め、斜めになってしまい慌てました。
ここまで来て失敗かと
プーラーを横方向へ引っ張りながらボルトを回して傾きを修正して事なきを得ました。
DSCN9942-aa.jpg


冷や汗をかきましたがどうにか組めました。
DSCN9952-aa.jpg


ロアアームは新品を用意しました。
DSCN9958-aa.jpg


仮組して終了。
DSCN9967-aa.jpg


【19日】
ブレーキが無い方が各部の締め付けし易いです。
トルクレンチで規定値に。
そしてブレーキ
ディスクはミンテックス、パッドはプジョー純正で新品です。
DSCN9969-aa.jpg


ブレーキも取り付き
DSCN9973-aa.jpg


ハブナット・タイヤを取り付け
着地したあと零してしまったミッションオイルを補給して左側完了しました。
このタイミングで新品の夏タイヤにしたかったのですが間に合いませんでした。夏なのに雪タイヤです。
DSCN9975-aa_20170820213714a48.jpg

106 | 【2017-08-20(Sun) 22:09:26】
Trackback:(0) | Comments:(0)
106 ハブベアリング交換 ⑤
左側無事に仕上がり5kほど走ってみて問題無さそうでした。
音は無くなりました。右側からはまだあります。直していないから当然ですが

カメラを忘れて写真なしです。

106 | 【2017-08-19(Sat) 22:16:17】
Trackback:(0) | Comments:(0)
106 ハブベアリング交換 ④
ハブベアリング交換できて仮組まで出来ました。
写真まとめる元気ないのでまたあらためて記事にします。
DSCN9967-aa.jpg

106 | 【2017-08-18(Fri) 23:18:27】
Trackback:(0) | Comments:(0)
106 ハブベアリング交換 ③
手持ちの工具では太刀打ちできないので、
ハブベアリングプーラーを買いました。
昨日の注文で今日届くありがたさ
さっそく作業再開できます。
DSCN9894-aa.jpg


ケースの中に各パーツが整列しているのかと思ったら
DSCN9896-aa.jpg


ベアリングを元に組み直して
DSCN9892-aa.jpg


工具をセット
DSCN9900-aa.jpg


この工具でもちょっと手こずったけどパキッと音がして
DSCN9904-aa.jpg


外れました。第三関門通過!
さすが専用工具です。油圧プレスの安物が買える金額でしたが、
使用後の保管場所を考えるとこちらの方が有難いです。
DSCN9906-aa.jpg


ハウジング下方が錆びていました。
DSCN9909a-aa.jpg


外れたベアリング
こちらもアウターレースに錆が見えます。
DSCN9913-aa.jpg

106 | 【2017-08-17(Thu) 21:05:25】
Trackback:(0) | Comments:(0)
106 ハブベアリング交換 ②
プーラーでハブを押しました。
DSCN9855-aa.jpg


延長パイプで回すくらい固いのでショックアブソーバーが付いていて力をかけやすかったです。
第一関門通過。
DSCN9861-aa.jpg


ナックルに残ったベアリングです。
インナーレース片方がハブに残るのでベアリング球が見えます。
DSCN9865-aa.jpg


ハブに残ったインナーレースを取ります。
ホイールにセットするとやり易いとあるサイトで教わりました。
この方法とても良かったです。
DSCN9872-aa.jpg


第二関門通過。
DSCN9874-aa_20170815214138905.jpg


ナックルに残ったベアリングをハンマーで叩き落とそうとしたら、
ベアリング崩壊してこんな状態に。
DSCN9879-aa.jpg


ナックルの内径約65mm
手持ちであるパイプは60.5mm
辛うじて引っかかるくらい
ずれないようにテープで外径を大きくしてセット。
プーラーでかなりのトルクを掛けましたがびくともせず。
敗退。
DSCN9884-aa.jpg


今日はすべて取り外しを終えたかったのですが残念でした。

※ ハブから外したインナーレースをナックルのベアリングに戻してから作業すればベアリング球がばらけなかった。と今日(16日)気が付きました。
明日組み直してみようと思います。

106 | 【2017-08-15(Tue) 22:03:55】
Trackback:(0) | Comments:(0)
106 ハブベアリング交換
だいぶ間が開いてしまいました。久々の投稿すみません。またテンポ良く行きたいです。

106のハブベアリングの交換を昨日より始めました。
ショックアブソーバーとナックルの分離が良くわからないので一緒に外しました。
ドライブシャフトを引っ張ってしまい抜けかかりミッションオイルを零してしまいました。がっかり。
オイルシールを傷めていないといいのですが、心配です。
DSCN9841-aa_20170814214501beb.jpg


ハブとナックル
間にベアリング
出来るかどうか作業前結構不安でした。
現物をしばし見学
作戦練って今日は終了。何とか成るかな・・
DSCN9846-aa_20170814214502b87.jpg

DSCN9845-aa_201708142145036fa.jpg

DSCN9844a-aa.jpg

106 | 【2017-08-14(Mon) 21:57:55】
Trackback:(0) | Comments:(0)