プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


Aタイプのスペアタイヤ
テンパータイヤを調べていたら使い方を教わりました。
駆動輪がパンクした時はテンパーを使わずに、
空回り輪(呼び方が判りません)から移してその空回り輪にテンパーを装着するのだそうです。
二箇所でやりくりだそうです。面倒ですね。
(四駆は主な軸に正規タイヤを使うとのことです。)
Aタイプはフロントは400ホイールでないと慣性ダンパーに干渉します。
リアは15インチでも使えます。
そこでテンパーの考え方でスペアは15インチを装備。
フロントがパンクの時は二箇所交換で対処
またはチューブを持ち歩きその場でチューブ交換
これはえらくたいへんですね。

2cv 1954 | 【2016-04-30(Sat) 20:34:05】
Trackback:(0) | Comments:(0)
Aタイプ用タイヤ
フロント右側もタイヤが裂けかけてきましたので16インチテンパータイヤを購入しました。
ヤフオクで個人の出品者さんからの購入です。
タイヤ屋さんの発送(むき出し)よりずっと丁寧で嬉しかったです。
破格値は有難いけどサイドウォールは保護して欲しいです。
DSCN7820a-aa.jpg


フロント左側に使った物と同じダンロップ製です。
DSCN7829a-aa.jpg


2003年の30週目(夏頃)の製造
前回のは2000年でしたので3年新しい
13年経ちますが未使用品のようです。
サイドのひび割れもなく状態良いです。
ところで数字の前のKATPは何なのでしょう。製造工場かな
DSCN7824a-aa.jpg

タイヤ交換 | 【2016-04-30(Sat) 01:53:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
'65 エンジン整備 ⑧
25日ですがヘッドをお掃除。
燃焼室の煤落としと冷却フィンの油泥落としをしました。
外側はおおよそ洗い流してあったので楽でしたが燃焼室はしぶとく手間取りました。
まだまだですがだいぶ綺麗になりました。
DSCN7817-aa.jpg


この先はバルブなどを外してからにします。
DSCN7818-aa.jpg

2cv 1965 | 【2016-04-27(Wed) 01:34:31】
Trackback:(0) | Comments:(0)
チューブ再生
前回のチューブ修理は15インチでした。
今回は400チューブです。ぜひ復活して欲しいところ
これはバルブ基部の亀裂によりエアー漏れ
DSCN7725-aa.jpg


手っ取り早くゴムの絆創膏を
ホイールの穴は錆びて広がっているのでこれでもOKでしょう。
DSCN7729-aa.jpg


でも漏れが押さえられず
ゴム板取りの廃チューブからバルブをいただき
DSCN7733a-aa.jpg


10回くらい失敗を繰り返し
どうにかエアー漏れを止めることが出来ました。
バルブの位置がズレている可能性あり
ホイールに装着してみないと分からないけど、まあいけるでしょう。
DSCN7796a-aa.jpg


反対側から
DSCN7794-aa.jpg


接着剤には使用説明がなく困りました。
どうも接着時間がたっぷりと必要なようです。
最終的には40時間くらい放置しました。

タイヤ交換 | 【2016-04-23(Sat) 21:10:52】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ミシュランのスペアタイヤ
スペアタイヤもミシュランX125が理想ですが一本2万円以上
そこでこれはどうでしょうか。
トレッドパターンにちゃんとビブくんも居るようです。
ミシュランスペアタイヤ
扁平率が90%なので少し外径が大きくなりますね。

ミシュランに拘らなければ、80%のテンパータイヤ
コンチネンタル製のようです。
こちらはパンタジャッキも一緒で2000円
送込で4000円かな
結構お買い得だと思います。


2cvデータ | 【2016-04-20(Wed) 21:58:15】
Trackback:(0) | Comments:(0)
'65 エンジン整備 ⑦
今日はピストンのお掃除したのですが、上端の淵が歪になっていてがっかり
その隣は傷あるし
実用上問題ないレベルなのでしょうか。
DSCN7739-aaa.jpg


重さを計測してみました。
圧縮一番リング無しの重さです。
DSCN7734-aa.jpg


成績良いですね。
DSCN7738-aa.jpg


こちらは研究用エンジンのピストン
リングはすべてありません。
DSCN7736-aa.jpg


2gの違いがありました。
DSCN7737-aa.jpg


'65のエンジンは回転上げても振動無く滑らかに吹けあがります。
ピストンの重さが揃っているからなんでしょう。
次回はコンロッドの重さを計測してみようと思います。
クランクシャフトから取り外せないので寄っかかった状態の重さになりますが
だいたいの目安になるでしょう。

2cv 1965 | 【2016-04-18(Mon) 23:07:50】
Trackback:(0) | Comments:(12)
チューブ修理
破裂した感じの裂けたチューブを直るかどうか修理してみました。
DSCN7581-aa.jpg


パッチの代わりに別の不良チューブを切ってゴムのりで接着。
接着剤を塗るとそっくり帰って返ってなかなかくっつかず
バイスとFクランプで圧着しました。
DSCN7587-aa.jpg


空気入れてみたところどうにか良いみたいです。
2cv15インチ用のチューブが増えました。
DSCN7695-aa.jpg

タイヤ交換 | 【2016-04-11(Mon) 19:14:44】
Trackback:(0) | Comments:(0)
'65 エンジン整備 ⑥
クランクケースにしっかり嵌合していて簡単に取り出せませんでしたが、なんとか外せました。
DSCN7700-aa.jpg


クランクケースは真っ黒です。
DSCN7701-aa.jpg


綺麗にしました。評価80点かな。
DSCN7704-aa.jpg

2cv 1965 | 【2016-04-10(Sun) 22:02:21】
Trackback:(0) | Comments:(0)
'65 エンジン整備 ⑤
ダイナモ外すのを後回しにしていたら簡単に外れず
外したフライホイールをもう一度取り付けクランク軸固定しやっと外せました。
DSCN7666-aa.jpg


ヘッドを固定するスタッドボルト一度は諦めましたが、やはり邪魔なので頑張って外しました。
そしてエンジンケース分離です。
液体ガスケットはあまり使われていなく軽く割れたのですが
ここまで来たところで抵抗が掛かります。
どうにも外れず途方に暮れました。
今回ピストンを外さずに進めたのがいけませんでした。
内部の構造物につっかえていました。
パンタジャッキで圧力かけちゃいました。がっかり
DSCN7670-aa.jpg


そんな訳でピストン外して
DSCN7682-aa.jpg


無事エンジンケース分離できました。
DSCN7686-aa.jpg


クランクシャフトとカムシャフトがケースから外れませんでした。
疲れたのでここで作業終了としました。

2cv 1965 | 【2016-04-10(Sun) 09:26:50】
Trackback:(0) | Comments:(0)
'65 エンジン整備 ④
昨日の作業です。

左ヘッド外れました。
DSCN7633-aa.jpg


左ピストン
DSCN7631-aa.jpg


右ヘッド外れました。
DSCN7634-aa.jpg


右ピストン
DSCN7632-aa.jpg


シリンダーを外したらがっかり一番リングが両方とも割れていました。
左側は二箇所で折れて三分割
DSCN7645-aa.jpg


クランクシャフトシールからかなりオイル漏れがあります。
DSCN7644-aa.jpg


オイルクーラー・燃料ポンプ・フライホイール外しました。
シリンダー・ヘッド固定のスタッドボルトは外すことが出来ませんでした。
エンジンケース左右を固定しているボルト・ナットはすべて外して二分割できる手前まで作業をして終えました。
DSCN7657-aa.jpg

2cv 1965 | 【2016-04-09(Sat) 09:34:39】
Trackback:(0) | Comments:(0)
'65 エンジン整備 ③
今日は分解しようと思いヘッドカバーを外しましたが
作業スペースが狭くてそれ以上進めるのをやめました。
左ヘッドカバーです。
DSCN7569-aa.jpg


右ヘッドカバーです。
オイル無しで回したからだいぶがっかりな汚れたオイルがありました。
DSCN7570-aa.jpg

2cv 1965 | 【2016-04-07(Thu) 23:43:10】
Trackback:(0) | Comments:(0)
'65 エンジン整備 ②
エンジン下ろす前にエンジンオイルを排出するのを忘れました。
DSCN7499-aa.jpg


オイル交換後さほど走っていないのでそれほど濁っていませんでした。
DSCN7501-aa.jpg


クーリングパネルを外しました。
DSCN7506-aa.jpg


ざっと綺麗にしてみました。
DSCN7509-aa.jpg


クーリングパネルとフレーム先端も油泥を落としました。
DSCN7507-aa.jpg

2cv 1965 | 【2016-04-02(Sat) 21:13:27】
Trackback:(0) | Comments:(0)
サイドマーカー球切れ
途中で球切れは面倒なので購入時に大凡の球は交換しました。
サイドマーカー球は面倒だったのでそのままでした。
左側が切れたので、先日306用サイドマーカーレンズ購入時に一緒に付いていた球を使って直しました。
DSCN7493-aaa.jpg


取り外した球です。
字が書いてありますがとても読めません。5wかなぁ
DSCN7495a-aa.jpg

106 | 【2016-04-02(Sat) 21:06:39】
Trackback:(0) | Comments:(0)
'65 エンジン整備 ①
昨年エンジンを傷めてしまったので分解してみようと思います。
この2cvでは始めてエンジンを下ろします。
久しぶりの作業で要領悪く手間取りました。
DSCN7484-aa.jpg


エンジン、地球に無事着地しました。
DSCN7487-aa.jpg

2cv 1965 | 【2016-04-02(Sat) 00:50:08】
Trackback:(0) | Comments:(0)