プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


106 リアブレーキ ①
ブレーキフルードが漏れました。
DSCN6258a-aa.jpg


ハブキャップを外します。
DSCN6267-aa.jpg


はめ込んであるだけです。キャップ裏側の写真です。
DSCN6269-aa.jpg


ハブナットは32mm
フロントは30ですがリアは一回り大きいです。
DSCN6270-aa.jpg


ドラムが外れないのでプーラーで
DSCN6275-aa.jpg


サイドブレーキしていたためきつかった。
無理したためライニングが剥がれてしまいました。
うーむ。また余計な出費・・
DSCN6300-aa.jpg


ライニングはまだ厚みがありました。
接着面の状態がよくないです。
DSCN6343-aa.jpg


フルード漏れの原因はシリンダーブーツが外れていました。
DSCN6294a-aa.jpg


ドラムの内側はあまり状態がよくありません。
異物を挟んでブレーキ掛けたような縦傷
ライニングの欠片を挟んだのでしょうか
DSCN6285a-aa.jpg


ドラム外周は錆でぼろぼろです。
DSCN6304-aa.jpg


錆を落とし錆止め塗装して仕上げ黒塗装
見れるようになりました。
DSCN6314-aa.jpg


塗装が乾いたところで
シリンダーブーツを嵌めて仮組し地面に下ろしました。
DSCN6333-aa.jpg


そして反対側を外しました。
こちらは正常のようです。
DSCN6359-aa.jpg


左側ドラムは右よりも状態が良かったです。
DSCN6362-aa.jpg


内側もまずまず
ただ全体に摩耗が進んでいます。
DSCN6367-aa.jpg


錆を落とし
(写真で見るとまだ茶色いですね。)
DSCN6369-aa.jpg


錆止め塗って
DSCN6373-aa.jpg


黒塗って完了。
DSCN6375-aa.jpg


今週末部品が届く予定です。

106 | 【2016-01-26(Tue) 00:38:25】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ブレーキランプ不良
106走るようになったのですが
ブレーキランプ左側が点きません。
球を左右入れ替えても同じなので球切れではありません。
外してみると以前追加したマイナス線がハンダ弱く外れていました。
DSCN6246a-aa.jpg


今度はネジ留めにしました。
端子が見つからず挟み込んだだけです。
DSCN6249a-aa.jpg


元のマイナス線もあるので
この配線が無くても点灯に問題ないはず。
不思議に思いつつ組んで修理完了を期待するも点灯せず
良く見るとこのプラス回路板が浮いて接触不良でした。
これはマイナス線増やす前
配線容量が足りず熱を持ったため押さえの樹脂が溶けてしまったのが原因のようです。
接触面を磨いて針金で縛りました。
(写真を撮るのを忘れました。)

無事直りました。
DSCN6255a-aa.jpg

106 | 【2016-01-14(Thu) 23:48:31】
Trackback:(0) | Comments:(0)
クランクシャフトシール(リア)の交換 ⑥
無事に走りました。オイル漏れはまだ分かりませんが問題ないことを祈ります。
178370km?
DSCN6211-aaa.jpg


昨日作業写真用意出来ませんでしたので

クラッチはまだらに擦れていました。
DSCN6152-aa.jpg


反対側
DSCN6156-aa.jpg


フライホイール取り付け
接触面がモヨモヨな感じが残念です。
DSCN6165-aa.jpg


ミッションとクラッチ板のスプラインを噛み合わせるのがまぐれ当たりを待つ感じで
1時間以上掛かったと思います。
DSCN6177-aa.jpg


嵌ってボルト締めたら
シフトリンクロッドが他所へ支えて(気にして作業していたのですが)
またボルト緩めミッション少し離し 
これも1時間ほど掛かったような気がします。
DSCN6180-aa.jpg


セルモーター取り付け、配線接続など
DSCN6188-aa.jpg


その後シフトリンクロッドを取り付け
前回はセル取り付け前にセットしてしまい
セルをくぐらすのが知恵の輪状態になりました。
DSCN6194a-aa.jpg


この後は写真撮りませんでした。
ドライブシャフト取り付けてロアアーム取り付け
タイロッドエンド取り付けスタビライザーリンクロッド取り付け
タイヤ取り付けハブナット締付け
ミッションオイル注入
バッテリー載せて仕上がりました。

今回シャフト先端の錆を綺麗にしてからシール装着をする。
Iさんに教わりました。
装着直前まで迷いましたが
オイルシール接触の肝心な部分まで磨いてしまいそうでそのまま進めました。
結局接触部分は奥のほうでしたから磨くべきと後悔しています。
手前のシールもオイル仕事なのかと思っていました。

106 | 【2016-01-13(Wed) 23:57:11】
Trackback:(0) | Comments:(0)
クランクシャフトシール(リア)の交換 ⑤
今日仕上がりました。
まだ走らせていないので正常に戻せたかどうか分かりません。
この機会に冬タイヤにしました。
DSCN6206-aa.jpg


整備時間は
10日 5時間30分 (ミッション載せ)
11日 2時間30分 (セルモーター・シフトリンケージ・配線など)
12日 6時間 (ドラシャ・ロアアーム・ミッションオイル・タイヤ交換など)

106 | 【2016-01-12(Tue) 23:50:32】
Trackback:(0) | Comments:(0)
クランクシャフトシール(リア)の交換 ④
クランクシャフトシール今回で三個目
右側は二個目のですが
表面の感じが変でした。
今回のは一回目と同様に仕上がりが良いです。
DSCN6108a-aa.jpg


下側から嵌めて上側に押しつつ
それでもリップ先端がシャフトに突っかかります。
前回はこの事に気が付かず押して失敗したので
今回は慎重に無理かけずに
支えた部分は爪の背でじわっと押して収めました。
DSCN6117-aa.jpg


一回目の失敗で作ったシール押し
これは無理なく押せて良いのですが
今回のようなリップのひっくり返りが見えません。
そこで指で押せるだけ押して後半で使いました。
リップ部分の滑りはシリコングリス観察しにくいのでエンジンオイルにしてみました。
ですがやはりすべり悪く少しシリコングリスを塗布。
DSCN6141-aa.jpg


前回は元々が1.5mm奥だったので同じように
それが行き過ぎて1.8mm奥にセットしてしまいました。
ケースと面一が基本らしいので今回は面一で。
DSCN6145-aa.jpg


確認不足で失敗したので今回はしっかり観察
するとなんと隙間が全周にわたってあります。
DSCN6145a-aa.jpg


これは前回のシール
分かり辛いですが奥にあるシリコングリスが見えます。
DSCN3344a-aa.jpg


そして元々の
やはり隙間が
DSCN3154a-aa.jpg


いつもお世話になっています Iさんに相談したところ
これはダストリップで埃の侵入を防ぐもので
密着していなくて正解とのこと。
良かったです。
いつもどうもありがとうございます。


作業時間一時間三十分くらいでした。

106 | 【2016-01-09(Sat) 22:34:22】
Trackback:(0) | Comments:(0)
クランクシャフトシール(リア)の交換 ③
前回と同じようにビスをねじ込み釘抜きでシールを抜き取る方法
今回はなかなかビスが刺さらないので
古いシールを確認、そして練習
で、その時リップを見て
あーー と。
ひょっとしてこのリップをシャフトに引っ掛けて挿入
ひっくり返して嵌めてしまった・・・

ビスはドリルで窪みを作り無事取り付き
オイルシールを外す事ができました。

リップを見ると
DSCN6078-aa.jpg

DSCN6082-aa.jpg

DSCN6079a-aa.jpg


作業時間は1時間30分くらいでした。

106 | 【2016-01-08(Fri) 22:35:53】
Trackback:(0) | Comments:(0)
クランクシャフトシール(リア)の交換 ②
昨日、クラッチ・フライホイールを外しました。
ここからのオイル漏れを確認できました。
DSCN6000a-aa.jpg


リップ部分を指でなぞってみたところ
シャフト上部に違和感があり写真に撮ってみました。
何かを挟み込んでいるようです。
(白いのはシリコングリスです。)
DSCN6044a-aa.jpg


以前のクラッチ交換の時の写真を確認してみたところ
やはりあるようです。
DSCN3340a-aa.jpg


これではオイル漏れて当然ですね。

フライホイールの留めネジを緩めるのが大変でした。
ネジロック処理されていると緩んだ後も抵抗があります。
この接着剤かすをネジ山から取るのが面倒でした。ダイスが欲しかったです。

作業時間は3時間くらい

106 | 【2016-01-08(Fri) 08:53:44】
Trackback:(0) | Comments:(0)
クランクシャフトシール(リア)の交換 ①
クラッチ交換したところ油漏れが激しく
ドラシャのデフシールを疑い交換しましたが見立て違い
クランクシャフトシールの交換失敗らしく
もう一度ミッションをおろすことに・・・

ジャッキアップした状態で年越しの106
4日から整備を始めました。
今日ミッションがおリました。
DSCN5986-aa.jpg


かなりケースに油があります。
シャフトシールからの漏れが考えられますが
平気なのかな
DSCN5979-aa.jpg


エンジン側
多少油がありますが思ったほどではなかったです。
DSCN5987-aa.jpg


フライホイール回り止めの治具を忘れて外すことが出来ずこの先は明日に
DSCN5993-aa.jpg


作業時間
31日 1時間
4日  2時間
5日  3時間
6日  2時間30分
ここまで8時間30分くらいです。

106 | 【2016-01-06(Wed) 22:25:04】
Trackback:(0) | Comments:(0)
フランス車
平成28年、今年もよろしくお願いいたします。
久々にサイクリング車を小屋から引っ張りだしました。
30年前のプチャリです。
空気入れて汚れ取って油さして乗ってみました。
風を切る快感思い出しました。
この頃フランス車、二輪だけど四輪は無理だろうと思っていました。
それが・・・
未来は分かりませんね。
その間に三輪も加わりましたが。(笑
DSCN5889a-aa.jpg

自転車 | 【2016-01-01(Fri) 22:25:19】
Trackback:(0) | Comments:(0)