プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


ブレーキエアー抜き
8ヶ月前に作業したんですけど
ブレーキの踏みしろが変わります。
前回のブレーキエアー抜き
上手く出来なかったようです。
もう一度チャレンジしました。
P1080929-dd.jpg


Uさんに教わったマスターシリンダー内のエアー抜き
425観察すると
必要なさそうな気がしてさぼってしまいました。
これでダメだったら実行します。すみません。

作業時間90分くらいでした。
排出のオイル
それなりに濁っていました。

そろそろシリンダー全取っ替えの時期かもしれません。

2cv整備 | 【2012-06-30(Sat) 19:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
AZUフロントバンパー
エンジンと一緒にいただいたAZUのバンパー
ウインカーとナンバーフレームが嵩張っていました。
やっと個々外しました。
この作業に6年かな (面倒がり屋です。
P1080919-dd.jpg


板金の練習してみます。
P1080921-dd.jpg


2cv整備 | 【2012-06-29(Fri) 21:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ロビンEYエンジン
発電機のエンジンは
ロビンEY20Dです。
P1080400a-dd.jpg


このエンジンは
空冷4サイクル立形単気筒側弁式ガソリンエンジンです。

側弁式?

サイドバルブ
聞いたような気がします。
でも構造は?

2cvのOHVでも古い形式だと思っていたら
それ以前の形式らしく
そのような古典的なエンジンが数年前まで製造されていたなんて驚きです。

サイドバルブって言うから
こんな感じかなと思いました。
無題1aa


そしたらこんな感じらしく
うーむ
単純 (笑
この仕組みに惚れちゃいまして
このエンジン搭載の発電機を買いました。
無題1


サイドバルブエンジンの詳細説明です。

2012エンジン整備 | 【2012-06-28(Thu) 19:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
チャールストン リアシート
先日、小屋の片付けで
リアシートがかさばっていたのでスリムにしました。
P1080379-dd.jpg


チャールストンの場合
シート座面は麻フレーム
背面はワイヤーフレーム (この表現でいいかな)
P1080383-dd.jpg


この背面中央のワイヤーフレーム
よーく見てほしいのです。
何か変だと思いませんか
P1080381-dd.jpg


問題の部分を拡大してみます。
P1080381a-dd.jpg
そうです。左側が反対の使い方
座り心地で気がつくほどの違いは無いだろうけど
アバウトな組み立てだなぁ


スリムになりました。
P1080388-dd.jpg

2cv整備 | 【2012-06-27(Wed) 21:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ベントシャッターのピン
ベントシャッターのピンが外れていましたが
今回ワイパーモーターのオーバーホールのタイミングで直すことができました。

矢印のように落ちたようで
調整ノブにピンが乗っかっていました。
P1080875a-dd.jpg


無事ピンが後戻り
P1080877a-dd.jpg


あっ
写真を見ていて気がついた。
これって
表側から作業できたのかも
だったらもっと早く簡単に直せたぞ

2cv 1970 | 【2012-06-26(Tue) 20:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ワイパーのからくり
ワイパーはスイッチを切っても
その場で止まらず
定位置に来たところで止まるでしょ
昔から不思議でした。

今回モーターのオーバーホールでからくりが分かりました。
よく考えられています。


このギア
1回転でワイパー1回の動作です。

矢印のピンが
P1080849a-dd.jpg


この部分を押し
この動きが
P1080740a-dd.jpg


反対側です。
緑矢印がモーター内のスイッチ部分です。
このスイッチを動かします。

赤矢印がワイパースイッチから来ているプラス端子
黄矢印がイグニッションスイッチから来ているプラス端子
P1080856a-dd.jpg


スイッチ部分を拡大してみました。
ギア1回転ごとにこのスイッチ部分が作動しますが
ワイパースイッチがonの時は
このスイッチのon offに関係なくプラス電源がモーターにつながり
ワイパースイッチをoffにすると
イグニッションからのプラス電源だけになります。
この部分のスイッチのoffでプラス電源がすべてなくなり
モーターが止まります。
と言うわけでワイパーが決まった所で止まるわけです。

説明が下手ですが
こんな仕組みでした。
P1080856aa-dd.jpg

2cv整備 | 【2012-06-25(Mon) 22:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(2)
2cv ワイパーモーター取り付け
劣化したグリスや汚れを洗い流したモーターを
フレームに取り付け
P1080872-dd.jpg


さあ
くるまに装着!
と思ったらモーター左右反対で
上下が逆になってしまう (ガクッ
P1080880-dd.jpg


これが正解
P1080881a-dd.jpg


無事動きました。
発熱が多いのが心配ですが
P1080910-dd.jpg


モーターだけで
動くかどうか確認したときに
この赤と緑の端子
プラスとマイナスと思いこんで
つないでも動かないし
そこでバッテリーにつないだらショートするし
でよく考えたら
これワイパースイッチで切れるプラスと
モーター側で切れるプラス
マイナスはボディアースでした。(とほほ
IMG_0078aa-dd.jpg

2cv整備 | 【2012-06-24(Sun) 20:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
2cv ワイパーモーター組み立て
良いか悪いか分かりませんが
自転車用のテフロングリースを使ってみました。
P1080847-dd.jpg


ここの部分は軸がカシメてあって外せなく
グリスを塗布できません。
そこでエアーを吹きつけ押し込んでみました。
効果あったかどうか
P1080859-dd.jpg


P1080862-dd.jpg


ブラシのアームのスプリング
タコ糸でつなぎ絶縁しました。
P1080864-dd.jpg


組み立て完了です。
P1080869-dd.jpg

2cv整備 | 【2012-06-23(Sat) 21:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
2cv ワイパーモーターガスケット制作
ダッシュボードを外したついでに洗いました。
グリス汚れも取れすっきり
P1080768-dd.jpg


P1080773-dd.jpg


本題のガスケット製作
いきなり本番でなく
別の紙でやるべきですが
P1080834-dd.jpg


形に切ってからポンチで穴開けしたら
破けました。
P1080836-dd.jpg


そして二枚目は穴の位置が悪く
三枚目へ
P1080839-dd.jpg


三枚目もそんなに進歩なく
P1080840-dd.jpg


穴の位置を修正してどうにか
テンプレートも切れるカッターも定規もなく
結果良く出来るわけないですね。
でも実用上は問題ないので完成としました。
P1080845-dd.jpg

2cv整備 | 【2012-06-22(Fri) 22:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
2cv ワイパーモーター分解
ブラシのスプリング外して
ブラシを外し
P1080719-dd.jpg


ローターを引き抜き
P1080724-dd.jpg


汚れが酷いので
洗浄しました。
P1080727-dd.jpg


モーター台座の内部
ギア部分
P1080731-dd.jpg


パーツクリーナーでグリスや汚れを洗い流して綺麗になりました。
P1080744-dd.jpg


ガスケットが千切れてしまったので
グリス無しで仮組して終了
P1080755-dd.jpg

2cv整備 | 【2012-06-21(Thu) 20:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
2cv ワイパーモーター取り外し
ワイパーが動いたり動かなかったり
そこでモーターの点検
以前確認したときの写真を見て考えました。
黄色矢印のスプリングをヒモでつないでいるところ
スプリングのテンションが弱くてブラシの接触が甘い
と思い
IMG_0100a-dd.jpg


ダッシュボードを外し
P1080690-dd.jpg


裏側にはモーターのグリスが流れ出してべっとり
P1080692-dd.jpg


直接スプリングを掛けて通電したところ
煙が出て慌ててスイッチオフ

後で気がついたのですが
これはプラスとマイナスを直接つなげてしまった訳ですね。

ここでやめては前回と一緒
もう一歩踏み込んでモーターを取り出すことにしました。
P1080697-dd.jpg


ワイパー付け根のナットを外します。
なんと20mm
こんなサイズはじめてです。
ボックス、スパナ、メガネなく
近いサイズは20.6mmのプラグレンチですが
それでもガタがあるので
モンキーで外しました。
(寸法が写るように使う向きが逆です)
P1080698-dd.jpg


デフのダクトを外し
端子を外し
P1080702-dd.jpg


ユニット取り付けのネジ2個外し
(この順番に外さないとユニットが落ちます。)
P1080707-dd.jpg


無事取り外すことが出来ました。
P1080711-dd.jpg


明日は分解編で

2cv整備 | 【2012-06-20(Wed) 22:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
’87 状態確認
放置状態の'87を確認に
裾野基地に行ってきました。
P1080782-dd.jpg


P1080783-dd.jpg


P1080784-dd.jpg


P1080785-dd.jpg


助手席足元に穴 
必ず切れる折れ曲がり部分はまだ切れていませんでした。
P1080788-dd.jpg


右側フレーム
フロントサス軸取り付け部分に穴
P1080792-dd.jpg


左側フレーム
エンジン脇に穴 (お決まりのところ)
P1080794-dd.jpg


P1080795-dd.jpg


フレーム先端部分にも穴
P1080802-dd.jpg


P1080807-dd.jpg


リアタイヤハウスにも穴
P1080822-dd.jpg


P1080829-dd.jpg


ブレーキを踏んでみたところ
まだ感触ありました。

実車見たときは絶望的だったのですが
写真を見ていると何とかなりそうな気が (笑

2cv 1987 | 【2012-06-19(Tue) 19:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
シリンダーヘッド 分解①
ロッカーアームを取り付けているボルトを外します。

シリンダーヘッドを外した後
このボルトを緩めようとしたところ
ヘッドの押さえに力が入らず

エンジンに組み付けるの面倒なので道具を作りました。
このマニホールドのスタッドボルトを利用
P1080599a-dd.jpg


板に穴を開けて
(左右へっどのボルト位置が対象です。
板をひっくり返すと両ヘッドに対応できます。)
P1080680-dd.jpg


ナットで固定して
(左右ヘッド、スタッドボルトの位置が反対です。
板をひっくり返すと両シリンダーに対応できます。)
P1080681-dd.jpg


乗っかてモンキーレンチでエイッ
P1080683-dd.jpg


9mm幅の変な形のボルト
スパナでは華奢なので
モンキーと延長パイプ
P1080683a-dd.jpg


パチンと音を立てて外れました。
その音を発するまでモンキーが25°くらい回ってから!
強トルク掛けると口が開くんですね。
肩がなめっています。危なかった。
P1080687a-dd.jpg


たかぎ様
アドバイスありがとうございました。
無事外れました。問題の602エンジンではありませんが、
でも602も出来そうです。

このボルト'87のエンジンも一緒でした。
602ヘッド

この時は尻込みして外すことが出来ませんでした。
'60初期エンジンそして'70エンジンは12の6角形ボルト
'69がこの変則ボルトとは・・

あっ それから
このボルト用に用意したスナップオンのボックスは
少しはまるのですが
奥までしっかり入りません。
ボルトの頭形状
下方に向かって広がっていて使えませんでした。
削って加工するのも  
うーん・・・
唯一のスナップオンですが永久に?出番無しかな


さーて
次はバルブ外しです。

2012エンジン整備 | 【2012-06-18(Mon) 07:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ピストンをクランクから外す
クラッチを外し
フライホイールを外しました。
P1080652a-dd.jpg


かなりのトルクで取り付いていました。
P1080654-dd.jpg


ピストンピンがすごく固く取り付いていたので
ベアリングプーラーを利用することにしました。
そのためにこの木片を作りました。
P1080649-dd.jpg


こんな感じです。
緑の養生テープはプーラーにテンション掛かるまでの押さえです。
プーラーが押す部分にはワッシャーとナットを挟んでいます。
P1080657-dd.jpg


プーラーが上手く固まりました。
P1080659-dd.jpg


計算通り押し出しています。
P1080660-dd.jpg


無事ピストンピンが外れ
ピストンをクランクから分離することが出来ました。
P1080664-dd.jpg


反対側のピストンも気にしながら作業したつもりなんだけど
ピストンに無理をかけてクラック入れてしまいました。(黄色矢印)
クランクに当たった後、そして縁にも(赤矢印)
大失敗。
P1080668a-dd.jpg


エンジン本体
コンパクトになりました。
P1080675a-dd.jpg


外したピストン
片側はリングが正常に開きましたが
こちらのリングはさび付いて縮んだままです。
浸水状態だったから無理もありませんね。
P1080678-dd.jpg


ピストンをバーナーで熱すればピンが取れるのかな 
と後で思いました。

段ボールとかでシリンダーの代わりを作り
ピストンがおじぎしないようにしてあげれば
今回の失敗を防げたかな と反省

2012エンジン整備 | 【2012-06-17(Sun) 10:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ピストン固着シリンダー取り外し
シリンダー手で引っ張って抜けないので
つっかえ木片を3カ所挟んで
フライホイール回して
P1080638-dd.jpg


もう少しのところでつっかえ木片仕事終了・・(ガクッ
P1080641-dd.jpg


そこでシリンダー下辺にあてがい直して
(反対側のシリンダーの写真ですが)
再度フライホイールを回す
P1080642-dd.jpg


左側は上手く行ったのですが
右側は斜めになってしまいました。
均等に支えていたはずなのに
クランクは斜め方向に動くからですね。
上側と下側の動き両方を使って作業すべきでした。
と言うか
上死点そばになる木片の長さが良かったです。
P1080644-dd.jpg


苦戦しましたがどうにか外れました。
P1080645-dd.jpg


つっかえ木片は力の掛かるところへ木口を使うべきです。
その場合長さを3個揃えなくてはならず、
角材のカットに気をつかうので
今回板幅でいきました。
どうにか耐えてくれました。

2012エンジン整備 | 【2012-06-16(Sat) 08:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
'69エンジン整備
前回ヘッドカバー外れず、降参だった'69エンジン
ガスケットリムーバーの力を借りて無事に外れました。
さすが化学の力

ヘッドカバーの中にオイル100ccくらいあるのをすっかり忘れていて
地面を汚してしまいました。 ドジですね。

右側の状態はまあまあ健康的
P1080583-dd.jpg


左シリンダー
こちらも無事ヘッドカバー外れましたが
中に水が
P1080589-dd.jpg


水分あったので当たり前ですが
いくぶん錆びています。
P1080591-dd.jpg


ここで終わりにしようかと思ったのですが
どうせだからヘッド・シリンダーも外そうと作業続行

エンジン周り砂塵や油泥などあり、
シリンダー外すとエンジンケースに入ってしまいます。
P1080592-dd.jpg


パーツクリーナーで洗浄して
きれいにしてから分解です。

ヘッド分離
ここの部分には液体ガスケットを使っていなくて助かりました。
P1080596-dd.jpg


こちらは左側
開けたら水がかなりこぼれました。
ピストン芳しくありません。
ただ救いなのは
ピストンが上死点にあったので
シリンダーは被害が少ないようです。
P1080613-dd.jpg


同じく左側のヘッド
呆れます。
P1080614-dd.jpg


劣悪な状態
P1080621-dd.jpg


プラグは新品でした。
P1080629-dd.jpg


ピストン固着していましたが
WD-40の威力で
下死点まで移動できました。
しかしそこから先抜けません。
とても引き抜けるかたさでありません。

ですが作戦を思いつきました。
次回はシリンダーを外すこと出来そうです。

ガスケットリムーバー、効果抜群です。
これなら602のヘッドとシリンダーを分離できそうです。
こちらのエンジンもさっそく作業したくなりました。

2012エンジン整備 | 【2012-06-15(Fri) 12:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
久々に '56
2ヶ月半ぶり
ずっとご無沙汰してしまいました。
テントの幌を直しただけで終了
P1080581-dd.jpg


P1080582-dd.jpg


中断が長かったため
かなり状況は良くありません。
直しているのか悪くしているのか な感じ
ボディのレストアはテンポが大事ですね。

2cv 1956 | 【2012-06-14(Thu) 22:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
発電機 ④
台所用スポンジで代用です。
クッション用のスポンジと違って
これはフィルター用と同じタイプのようです。

ケースの蓋を型紙にカットして
P1080555-dd.jpg


オイルで湿らして取り付け
これで安心です。
(右上に無理がありますね。直しておこう)
P1080556-dd.jpg


ガバナーレバーの調整
P1080544a-dd.jpg


ガバナーシャフトをずらして
反応を遅くなるようにしました。
P1080545a-dd.jpg


プラグも交換
デンソーW16FS-Uにしてみました。
P1080561aa-dd.jpg


そしてオイル交換
オイル交換して10分運転したかどうかですが
しっかり黒くなっています。
P1080567a-dd.jpg


オイルが出きった後
ドレンボルト取り付け
新しいオイルを少し入れ
またオイル抜き
これで古いオイルがしっかり出る
(と昨日勉強したので早速やってみました。)
P1080569a-dd.jpg


これで完調になってくれればいいんだけど
エンジンの調子は今ひとつ
マフラーからバスバスと
始動も一発でないし
さてさて

工具 | 【2012-06-13(Wed) 20:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
発電機 ③
昨日の話です。
キャブクリーナーあるはずなんだけど
見つからないので
買ってきました。
(余計な出費、痛いです)

分解しなくても効果ありって書いてあるので
今回もそのまま洗浄してみました。
(実はフロートの外し方が分からなかったんです。
その後ピンをラジペンでつまんで外すことが分かりました。)
P1080527-dd.jpg


完全なキャブOHではありませんが
エンジン動きました!
さすがキャブクリーナー

エンジン動いて喜んだのですが
発電せず
電気部分の修理は分からないなぁ
とがっかりしていたところ
エンジンの回転を上げたら発電しました!!
P1080528-dd.jpg


電圧も100Vです。良かった。
P1080530-dd.jpg


そして今日も発電(笑
エンジン回転がわりと低くても発電するようになりました。
発電モーター調子が出てきたのかな
P1080539-dd.jpg


エンジン下部からアームが伸びてキャブのアクセルをコントロールしています。
ガバナーレバー
この動きが正常でないらしく
エンジン回転が安定しません。
この連結を外して手動でアクセル操作すると調子が良いです。
ガバナーを整備するよりも手動アクセルへ変更した方がよさそう。

工具 | 【2012-06-12(Tue) 22:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
清里へ
10日(日)
八ヶ岳高原ラインに呼ばれましたので
走ってきました(笑

長坂IC交差点にある きららシティー の
カリヨンを2回鳴らしていざ清里へ!
(この鐘を鳴らす大人はまずいないだろうなぁ 大きな音でしたw)
P1080451-dd.jpg


清里手前 
大きな橋を渡った先の急坂は大変でした。
1速10km/hでダダダッと
がんばって清里に到着

まず清泉寮で
P1080462aa-dd.jpg


これ食べて
P1080452-dd.jpg


そして
まきば公園へ
ご近所なんだけど
清里駅前を通って
大回りして行きました。
P1080477-dd.jpg


羊さん見て
P1080465-dd.jpg


遠くに牛さん見て
P1080515-dd.jpg


そして八ヶ岳高原ラインをヒューンと駆け下りて
小淵沢へ

エンジンは今回も調子よく
大月から河口湖への登坂
前回軽井沢帰路の時は3速維持して喜びましたが
今回はなんと
谷村PAちょい先まで4速!!
その先は3速で
とても速く駆け上がりこの区間18分?で走破 (4人乗車)

それまでは2速40k以下だったので、とても時間掛かったのです。
笹子への登坂も3速で行けたし
すごくりっぱ。いつもこうであってほしい。

79859km~80207km
348km
燃費は約18km/lでした。

ツーリング | 【2012-06-11(Mon) 20:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
発電機 ②
タンクを洗うため外しました。
P1080435-dd.jpg


タンクの無い発電機
P1080434-dd.jpg


内部は錆びていなくきれいです。
P1080426-dd.jpg


キャップもきれいにしました。
P1080420-dd.jpg


キャブレター洗浄
P1080416-dd.jpg


P1080418-dd.jpg


今回は完全分解までしませんでした。
これでエンジンが動くのなら楽なので
P1080439-dd.jpg


P1080440-dd.jpg


P1080443-dd.jpg


でも横着してもダメですね。
エンジン動きませんでした。
エアークリーナー部分からパーツクリーナー吹き付けての始動では
エンジン動くので
キャブ次第です。
次回は完全にばらして洗浄してみます。

工具 | 【2012-06-10(Sun) 22:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
発電機 ①
発電機の運転準備
整備をしました。
オイル交換
約400cc
規定量は600なのでまあまあかな
P1080389-dd.jpg


プラグはB-4
2cvのプラグのねじ山が短いタイプです。
点火・圧縮 確認したところOKでした。
P1080395dd.jpg


エアーエレメントのスポンジはもろもろ
とっくに交換時期を過ぎています。
P1080396-dd.jpg


使い捨てマスクで応急処置
P1080404-dd.jpg


全体をみがいて終了
P1080401-dd.jpg

工具 | 【2012-06-09(Sat) 22:30:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
CCM2012spr ②
昨日紹介以外の参加車両です。
IMGP0005aa-dd.jpg

IMGP0007aa-dd.jpg

IMGP0019aaa-dd.jpg

このC6さんだと思うのですが
お帰りになった後
地面にLHMがかなり垂れていました。
即急に点検された方がよいです。
IMGP0029aa-dd.jpg

IMGP0074aa-dd.jpg

IMGP0112aa-dd.jpg

IMGP0001aa-dd.jpg

IMGP0073aa-dd.jpg


すべて写せなかったと思います。まだあると思いますが これで

イベント | 【2012-06-08(Fri) 22:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(4)
CCM2012spr全景です。
自分がCCM2012sprに到着した11時50分ごろの写真です。
P1080301a-dd.jpg

P1080302a-dd.jpg

P1080303a-dd.jpg

P1080304a-dd.jpg

P1080304aa-dd.jpg

P1080305a-dd.jpg

P1080305aa-dd.jpg


とても会場が広くのびのびと過ごせました。

イベント | 【2012-06-07(Thu) 22:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(2)
「春かぜ」の写真
Uさんからプレゼント!
先日の「春かぜミーティング」の写真をフレームに収めて。
おぉぉーいい感じ。。
P1080377-dd.jpg


U様、どうもありがとうございます。パソのそばに飾らせていただきます。

2cv 1970 | 【2012-06-06(Wed) 23:20:00】
Trackback:(0) | Comments:(2)
自家発電
溶接用に買ってみました。
発電するかしないか分からない
動作確認の取れていない物
昭和の時代のだと思うんだけど
いい感じにやれています。

最近のは使用電力に合わせて
エンジンの回転が変わるようですが
これはずっとがんばちゃうタイプ

活躍してくれると良いのですが
P1080368-dd.jpg

工具 | 【2012-06-05(Tue) 22:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
CCM2012spr
昨日の日曜日はCCM2012sprに行ってきました。
開催地は静岡県の西方 浜名湖
ほぼ200km遠方
でも現在の調子なら問題なし(ブレーキは不安ですが)
沼津から浜松西まで高速

往路の高速は4000回転76km/h
帰路は602のYさんとDSのTさんと走ったので
もう少しがんばって80km/hくらい

で気がついたのですが
80くらいで走ると緩やかな坂道を4速のままいける
ってこと
でも一人乗りだったから速くて当然かな

79444km~79857km 413km
燃費は20,2km/lでした。

イベント | 【2012-06-04(Mon) 22:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
306カブリオレ左の5速!
306カブリオレ
hiroshi7j-img600x369-1338124423sv8av464977-dd.jpg


306のオープン
左で5速
いいなぁ

ところで右はステアリングが斜めに取り付いているんだけど
左は真っ直ぐなのかな
右のクラッチは重いそうだけど
左だとそんなことないとか かな
本国仕様いいなぁ

306 | 【2012-06-03(Sun) 18:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
オイル交換 (2cv)
久々の整備
といってもオイル交換なんですが・・・
出てきたオイルは真っ黒
P1080289-dd.jpg


20と10のブレンドで15にしようかと思ったのですが
旧ボトルの20が残っていたので20オンリーでいきました。4・5年経っていそうなやつ
P1080294-dd.jpg


前回は3ヶ月前
2012年3月3日(土) 77957km

2012年6月2日(土) 79444km

1487kmも使ってしまった。今日交換して良かった。

そして、ただ今補充電中。

2cv整備 | 【2012-06-02(Sat) 22:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
2cv リアバンパー
リアバンパー各種
P1030737aaad.jpg

P1030736aaad.jpg

P1030749aaad.jpg

P1030761aaad.jpg

P1030762aaad.jpg

P1030766aaad.jpg

2cvデータ | 【2012-06-01(Fri) 22:00:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)