プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
maistoプルバック2cv
マイストmaistoの2cvプルバック ミニカーです。
めずらしいですね。
P1050390a.jpg


P1050375a-d.jpg


P1050376a.jpg


P1050377a.jpg


チョロQ 2cvと一緒に
P1050385a.jpg


P1050389aa.jpg


蛍光ピンクなんですが
同じ色に写せませんでした。

スポンサーサイト
2cv | 【2011-12-31(Sat) 23:33:33】
Trackback:(0) | Comments:(0)
溶接機
2cvの維持に溶接機が欲しくなり
あれこれ検討中
アイマックス120 がいいかな
sim120.jpg


同じような価格で半自動
能力は落ちるけど初心者には無難かな
アーキュリー80ルナ2
luna80.jpg


これで十分かな
アイマックス SIM-60
sim60.jpg


うーん迷うなぁ

工具 | 【2011-12-29(Thu) 23:22:19】
Trackback:(0) | Comments:(6)
’56溶接
溶接できない身としては一番の課題
サイドシルが溶けています。
P1040277-d.jpg


Mさんが助け船
ありがとうございます。
溶接の順序として
底辺からなんだそうで
作業しやすいように横倒しに
すると
中央部分も溶けています
P1050325-d.jpg


反対側のサイドシル底辺も
P1050326-d.jpg


うーん
P1050327-d.jpg


さびさび部分を切り取り新たに鉄板を取り付けることに
P1050334a-d.jpg


横倒し全景
P1050337a-d.jpg


溶接へ
P1050340-d.jpg


おおっ溶接。
P1050348-d.jpg


P1050354-d.jpg


P1050357-d.jpg


溶接いいなぁ
自分も出来るようになりたいです。
P1050362-d.jpg


Mさま、ありがとうございました。お疲れさまでした。
今後もどうぞよろしくお願いいたします。

2cv 1956 | 【2011-12-26(Mon) 20:38:17】
Trackback:(0) | Comments:(4)
2cvの扉
2cvのドア4枚、カントクさんに格安で譲っていただきました。どうもありがとうございます。
P1050315a.jpg


うれしいですね。ありがたいです。
さっそくネジ4個を'70の脱落して不足していた所へ利用しました。

跳ね上げのガラスはレストア中のAZへ
このガラス無くて困っていました。

リアドアはガラスを外し
水色に塗ってガラス無しのまま夏扉にしようと思います。
雨対策に簡単に装着できる蓋を考えます。
ドアロックが違い この部分が何とかなるかどうか

フロントと同様の跳ね上げ式に とも思ったのですが
(これはかなり難しいですが)
ウインカーレンズがあたり不可でした。
602だとOKです。

2cv | 【2011-12-21(Wed) 19:30:50】
Trackback:(0) | Comments:(0)
クランプ製作
リアのこの部分は穴が多数開いていて
塞ぐ必要があるのですが
溶接の道具ないし腕ないし
なので
薄鉄板を裏から接着するつもりです。
P1040272a.jpg


接着効果を高めるためにクランプを作りました。
P1050290-d.jpg


P1050292-d.jpg


P1050291-d.jpg


2ヶ月くらい前からの課題でした。制作2日 制作時間4、5時間かな
5個1100円くらいで仕上がりました。

制作途中、問題に気がつき改良やらで板継ぎ足しや不要な穴があったりです。
材は荒れているし
道具としての美しさがありませんが
実践での機能は問題ないと思うので、これで良しとします。

'70試してみました。
リアの形状が違い挟み込みが効きませんでした。
AZボディだと平たいので良さそうです。
P1050289-d.jpg

工具 | 【2011-12-17(Sat) 20:28:41】
Trackback:(0) | Comments:(4)
SMITHS懐中時計
スミス懐中時計です。
P1050310-d.jpg


2cvの時計に使っています。
石を使っていない普及品
飾り気が無く2cvの雰囲気に合っていると、気に入っています。
P1050009a.jpg


最近一日で50分ほど遅れるようになってしまいました。
そこで裏蓋を外して調整してみたのですが
調整しろでは調整しきれなかったです。
手で握って暖めていると、まあまあ正常になります。
温度の影響が大きいようです。
油ぎれなのかな
P1050280-d.jpg


製造年でしょうか、76って数字があります。
P1050275a.jpg


裏蓋を外す道具が必要で
市販品を真似て鉄鋸を削って作りました。
外すのもなかなか大変だったのですが
元に戻すのもきつくて
風防を避けて力をかけられるように板を丸くくり抜いて道具を作りました。
三回目にしてどうにか丸く切れました。(右二つが失敗)
P1050313-d.jpg


裏蓋をはめるのも
タイヤをホイールに取り付けるのと同じように要領があるようで
均等に置いて押しても(中央を押すと歪んでしまう)
はまりません。体重をかけても・・
一点を引っかけて反対側を落とす感じが良いようです。
自分のは風防にひびが入っているので
とても手で握ってはめるのは無理でした。

2cv 1970 | 【2011-12-16(Fri) 16:28:43】
Trackback:(0) | Comments:(2)
425フレーム
425フレームが今でも購入できるなんて驚きです。
約6万円 大きく重いので送料どのくらいになるのでしょう。4万として10万円かな
買えるときに買っておきたいなぁ

ボディがあるのも驚きです。

2cvの環境は恵まれていますね。

2cv | 【2011-12-12(Mon) 22:44:37】
Trackback:(0) | Comments:(0)
灯油ポンプ
昨日スーパーでSP-2 とらぽんを買いました。
このポンプは先端が細くて
ミッションオイルの流し込みに良さそうです。
P1050254-d.jpg


現在使っているポンプ先端直径は15,5mmです。切り込みを入れて細くなるようにして使っています。
これは14mm
そのまま使えそう。
ですが細すぎかも

2cv整備 | 【2011-12-11(Sun) 21:47:26】
Trackback:(0) | Comments:(2)
スーパーへ
8日ぶりの走行
300m離れたところにあるスーパーへ
17km大回りしてお買い物
P1050251aa.jpg


いつも調子が良いのは本当に気持ちがよいです。
かなり寒いなかグリルマスクをして油温計の温度は
高速で170華氏(76度)
一般道で160華氏(71度)でした。

2cv 1970 | 【2011-12-11(Sun) 00:08:00】
Trackback:(0) | Comments:(0)
2cvリアブレーキシリンダーのオーバーホール
マスターシリンダーのオーバーホールが夕方無事終了しました。
ここまで整備したので一応やりついでに
ブレーキの確認をしよう
って事になり
リアをジャッキアップして仰天
車輪が手で回らない!

この状態で数百キロ走行していて
ドラムが熱で変形しているかもしれない
これ以上乗り続けるのは危険だし
知ってしまった以上そのままにはできない。

リアブレーキの整備となりました。

だけどここの整備は予定外
ハブナットを外す44mmボックスが無い

そこで40km以上離れた東京へ工具を買いに!!
P1040706a.jpg


約5時間後 作業再開

車輪を外すとまたまた仰天
スチール製のハブキャップは再利用不可なんだけど
ぐちゃなキャップを液体ガスケットで接着固定
P1040700a.jpg


うーん 確かに機能して密封性はいいけど・・・勘弁して欲しい。
P1040701-d.jpg


苦労の末 44mmハブナットが顔を出しました。
P1040702a.jpg


ナットも無事外すことが出来
ドラムを外し内部確認
うーん汚れていますね。
自分のも長期間みていないのでこんなかな
シリンダー・ピストンの固着が原因のようです。
ブレーキ分解へ
P1040705a.jpg


これがリアブレーキシリンダー
ブレーキダストを取り除き綺麗になりました。
P1040716a.jpg


ブレーキシューも外れさっぱりしたところ
P1040717-d.jpg


ここでまた難関が
この固着したピストンが取れない
P1040718-d.jpg


苦労したあげく
Uさん閃く
“元に戻し  ブレーキ踏んで  オイルの圧力で押し出す”
上手くいきました!
すばらしい!!
P1040720a.jpg


外れたピストン
真っ黒なスラッジ
P1040721a.jpg


シリンダー内部
こちらは綺麗
もう一つのピストンは
外れた方から棒で押し出して
P1040722a.jpg


2個取り出すことが出来ました。
P1040724a.jpg


新しいパッキン
44のボックスが無くて手こずったけど
このリペアキットあって良かった。
P1040726-d.jpg


スラッジ取り除き0リング取り付け
P1040728a.jpg


他のゴムパーツも取り付け
P1040729-d.jpg


P1040732a.jpg


完成です。まわりのパーツは古い物
P1040733-d.jpg


そしたら後戻り
P1040736-d.jpg


44mmハブナットを締め付け
緩み止めにナットを歪ませてキャップしてタイヤを取り付け
裏側の14mmボルトを回してブレーキシューが少しドラムに擦れるくらい(音で確認)に調整します。
この作業を二カ所。
P1040746a.jpg


せっかくブレーキエア抜きしたのに
もう一度やり直して整備完了  すごい根気
日付が変わった朝4時頃試走へ
P1040754a.jpg


うれしい時。
P1040755-d.jpg


吹上整備オフの時の2cv
ポイントギャップが0,8mm以上(0,35~0,45が基準 ギャップは狭く変化していくのに最初いくつにセットしたんだろう)
点火時期は5コマ(17度)進んでいた
この個体にも驚いたけど

今回の2cvには呆れた
車検整備の内容に記載されている
“LHMオイル取替”    ずいぶん汚れていて??
“ブレーキ廻り点検”   とても具合が悪かったので目視点検ということ?
一番の不可解は
“デストリュビュターポイント交換” 

ふーむめずらしい2cvがあったものだ 
どこにあるのか確認できなかった。

さすがに“冷却水交換”は無かった。。


納車時、くるまの中に縁起物の「蛇の抜け殻」があったとか
きっと良いことあります。きっと・・

2cv整備 | 【2011-12-03(Sat) 21:06:35】
Trackback:(0) | Comments:(3)
冬期用グリルマスク
12月になって冬らしく気温が下がりました。
そこでフロントグリルカバーを作りました。

1作目は厚紙を大雑把に切った物
2作目は段ボールをマジックペンで黒くムラムラにぬった物
今回は段ボールに黒ガムテープを貼り付けて作りました。
P1050224-d.jpg


中央にセット
P1050226-d.jpg


走行風の入りが少ないかと思い
サイドにずらしてみました。
そうすると大きさが合わないのが残念
改良しなくちゃ
P1050228-d.jpg


いつもにわか作りで必要なくなると、どっかにいってしまいます。
今度のは少しがんばったので大事にします。

工作 | 【2011-12-02(Fri) 22:58:16】
Trackback:(0) | Comments:(2)
2cv(602)マスターシリンダーのオーバーホール
10月の話なのですが
ブレーキマスターシリンダーのOH作業のお手伝い(と言うか写真係)

モダンサプライさんから購入のEさんのチャールストン
納車されてまだ日が浅いのですが、ブレーキが時々すっぽ抜ける症状がでました。
マスターシリンダーのパッキンの消耗が原因だろうと言う事で 
OH整備をしました。

11時頃から作業開始
P1040629-d.jpg


タンクやホース外して
P1040631-d.jpg


室内側
ブレーキペダルなどの固定を外して
P1040636-d.jpg


室内側へペダルごとマスターシリンダーを引き抜く
425はエンジンルームでマスターシリンダーだけ外せるのですが
602は大変ですね。
P1040638-d.jpg


無事めでたく取り外せました。ここで昼ご飯
P1040639a.jpg


シリンダーを固定しているこのピン(これは仕上がったときの新しいピンで2mm以上出っ張っていますが)
1mmくらいしか出っ張っていなくて
ペンチで挟んで引っ張ろうにも思うように力はいらず引き抜けません。
P1040663a.jpg


Uさんがヘインズを解読
そんなときは3mmのドリルの刃で抜くそうです。
試してみると、いとも簡単に引き抜けました。
すごい!
P1040653-d.jpg


無事シリンダーが取り出せました。
P1040654-d.jpg


内部はこんな感じ
P1040657-d.jpg


機能しなくなったゴムシール
P1040658a.jpg


新しいパーツ
LHM用なので緑色のしるし
ピストン用が4個です。
これは後期型のマスターがタンデムピストンになったそうで
そのためだそうです。
ピストンへ装着失敗の予備かと思ったのですが・・
ブレーキは一番大事な所だから改良されているんですね。
425は一系統だったから3回にわたっての変更かな
P1040660a.jpg


ゴムシールを傷つけないよう気をつけながら
そして方向を間違えないように
取り付け完了です。
P1040661a.jpg


ケースへ入れて
ピンを打ち込む
P1040663-d.jpg


タンク取り付け部のパッキンをはめ込んで
P1040666-d.jpg


取り外し作業の逆の手順
ペダルと連結して
室内側からマスターシリンダーを通し
P1040668-d.jpg


タンクを取り付ける
パッキンが新しくなったため
すんなりとはまりません。
そこで
このFクランプを使って無事装着完了
L型クランプ


次は
オイルのエアー抜き作業です。
まず
マスターシリンダー内のエアー抜き
ここのエアー抜きが肝心とUさんに教わりました。
P1040672-d.jpg


2カ所あります。
P1040675-d.jpg


その次は後ブレーキのエアー抜き 
右側→左側
P1040676-d.jpg


P1040678-d.jpg


次はフロント
425は左右ありますが
602は一カ所だけです。
P1040682-d.jpg


P1040686-d.jpg


夕方5時半ごろ完了。
P1040688-d.jpg


納車前に交換されたというLHMオイル(ブレーキオイル)
一ヶ月も経たずに、ずいぶん汚れちゃいましたね。
エアーが噛んでいたのも不思議です。
P1040692a.jpg

2cv整備 | 【2011-12-01(Thu) 21:41:52】
Trackback:(0) | Comments:(2)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。