プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
400ホイール
400ホイールの売り物は珍しいです。はじめて見たかも

スポンサーサイト
2cv 1954 | 【2016-12-30(Fri) 22:12:13】
Trackback:(0) | Comments:(0)
2cv横移動
以前作った横移動用台車
2cvを載せていましたが動かすのははじめてです。
キャスターの荷重は問題ないのですが動きません。
そこでウインチを使って動かしました。
そしたらキャスターのブレーキ掛けた状態でした。
DSCN8928-aa.jpg


無事横移動できて後の2cvを出すことが出来ました。
DSCN8937-aa.jpg


後戻りの時にハプニング
台車が外れてしまいました。
タイヤのずれ止めの窪みが少なかったです。
DSCN8954-aa.jpg


前後に角材を追加しました。
これなら大丈夫でしょう。
DSCN8969-aa.jpg

2cv 1954 | 【2016-09-18(Sun) 23:45:45】
Trackback:(0) | Comments:(0)
Aタイプのスペアタイヤ
テンパータイヤを調べていたら使い方を教わりました。
駆動輪がパンクした時はテンパーを使わずに、
空回り輪(呼び方が判りません)から移してその空回り輪にテンパーを装着するのだそうです。
二箇所でやりくりだそうです。面倒ですね。
(四駆は主な軸に正規タイヤを使うとのことです。)
Aタイプはフロントは400ホイールでないと慣性ダンパーに干渉します。
リアは15インチでも使えます。
そこでテンパーの考え方でスペアは15インチを装備。
フロントがパンクの時は二箇所交換で対処
またはチューブを持ち歩きその場でチューブ交換
これはえらくたいへんですね。

2cv 1954 | 【2016-04-30(Sat) 20:34:05】
Trackback:(0) | Comments:(0)
一日もちました。
4回めのパンク修理
今度は良さそうです。
一日経過して空気漏れは無さそうです。一週間もてば確かですね。
DSCN7429-aa.jpg

2cv 1954 | 【2016-03-21(Mon) 22:04:43】
Trackback:(0) | Comments:(0)
2cvをドーリーに載せました。
作業しようと思ったらパンク
一度パンク修理失敗すると難しいですね。
仕方ないのでパンク修理をもう一度
チューブの写真撮り忘れました。
DSCN7410-aa.jpg


タイヤを65mm浮かさないといけないのですが
その為にはこんなに持ち上げないといけなく
疲れたフレームが折れそうで怖かったです。
DSCN7412-aa.jpg


出来ました。
DSCN7418-aa.jpg


リアも
DSCN7419-aa.jpg


四輪完了。かなり大変でした。
試しに引っ張ってみました。後は動きましたが前は重く無理でした。
ウインチで引っ張るようです。
DSCN7428-aa.jpg

2cv 1954 | 【2016-03-21(Mon) 02:38:15】
Trackback:(0) | Comments:(0)
車保管用のタイヤ
タイヤが避けてチューブが飛び出ている状態でした。
昨日空気を補充したところ破裂してパンク
P1230827-aa.jpg


一昨年の11月に買ってあったテンパータイヤ
DUNLOP SPACE MISER MKⅢ 125/90-16(TEMPURARY TIRE)
2000年49週製造の日本製です。
リム幅4インチ専用設計で広いリム幅で使われていたため寸法以上に幅広いです。
P1230861-aaaaa_20160319232102153.jpg


ホイールに組んでみました。
計算上内径が6.4mm違うのですがどうにか使えそうです。
DSCN7397-aa.jpg


パンク修理してあったチューブだったのですが修理不良で空気漏れ
タイヤから取り出してもう一度直して組んで
それでも空気漏れ
もう一度やり直して・・・
三度目の正直でたぶん良さそう。
DSCN7405-aa.jpg


どうしてもホイールに片寄って装着されてしまいます。
後で気がついたのですがテープをホイールに3mm厚になるまで巻くと良さそうです。
走らなければ問題ないでしょう。ただ空気入れるときは怖かったです。
DSCN7404-aa.jpg

2cv 1954 | 【2016-03-19(Sat) 23:37:17】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。