FC2ブログ
プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


プジョーPF10J ボトムブラケット整備
ボトムブラケットのグリースアップ整備をまとめてみました。
旧タイプのカップアンドコーン式BBです。

左右ペダル・フロントディレイラーを外したら左側クランクから作業します。
クランクキャップをコインドライバーで外します。
右側はチェーンを内側のギアにセットしてから外します。
DSCN9977-aa.jpg


クランクとBBシャフトは14mmボルトで固定されています。
DSCN9974-aa_20180705110835009.jpg


14ソケットレンチで外し
DSCN9975-aa_20180705110836518.jpg


コッタレスクランクリムーバーをセットします。
DSCN9970-aa_20180705123214437.jpg


8mm六角棒レンチで締め込みクランクを引き抜きます。
左はボルトが緩んでいてクランクも簡単に外れました。
右側はきつくスピンナーハンドルとクランクを鉄パイプで延長しても外れません。
工具が壊れそうなので、スライディングハンマーも併用して無事外れました。
DSCN9971-aa_201807051108105de.jpg


クランクが外れるとこんな感じです。
BBシャフト両端は四角です。
DSCN9996-aa_20180704175303393.jpg


引掛けスパナ(フックスパナ)でリングナットを外します。鉄パイプで柄を延長して外しました。
DSCN9998-aa_2018070511265491a.jpg


左ワンは24mmメガネ(スパナ・モンキー)で外します。
ここはきつくなかったです。
1/4インチベアリング球11個です。両側合計22個。
DSCN9996-aa_201807051221597ae.jpg


bbシャフト全体の写真取り損ねました。
DSCN9997-aa_20180706081821306.jpg


ボトムブラケット内部に防水のためこのようなパーツが入っています。
ウォーターシースという名前だそうです。
DSCN9985-aa.jpg


次に右側です。
異音が出るだけあってグリースはだいぶ少ないようです。
DSCN9995-aa_20180605120014483.jpg


右ワンは工具の引っ掛かりが浅いのでこのような工具押さえを作りました。
DSCN9999ss-aa.jpg


しっかり36mmスパナを押さえます。
そしてパンタジャッキで支えて大ハンマーで叩き緩めます。
ここは二人で作業しました。車輪を宙に浮かせ負担を掛けないように。そして自転車倒れないように。
ここのねじ切りはなんと逆ネジ
ペダルの逆ネジの理屈からすると右ワンは正ネジでよいと思うんですけど。わざわざ逆ネジにするなんて不思議すぎます。
イタリア車と昔のフランス車は正ネジのようです。
DSCN9973-aa_201807051210144e5.jpg


数回叩いたら緩みました。
DSCN9990-aa_20180705122156010.jpg


無事右ワンが取り外せました。
この右ワンは今回のグリースアップでは外す必要がありませんが挑戦してみました。
DSCN9993s-aa.jpg


左右ワンの内側です。
DSCN9995s-aa_20180705122158aae.jpg


右ワンにグリースを
どのくらいが良いのかわかりません。このくらいで。
協同油脂のエクセライト、ウレア系グリースちょう度No.1を使いました。
もう少し固いのが良かったような気がしました。
DSCN9997-aa_20180706181431dac.jpg


ネジ山を綺麗にしてグリースを塗布。
DSCN9996-aa_201807051159180b4.jpg


手回しでここまできました。
DSCN9999-aa_20180706181431e5b.jpg


プラハンで締め付け
もう少し重たいのが良かったです。
DSCN9973-aa_20180705112630141.jpg


締め付けトルクの参考に元の位置をマスキングテープで印しておきました。
外す前の写真です。
DSCN9981a.jpg


そして今回はここです。
多少足りていませんが十分締まったと思います。
DSCN9975a.jpg


ボトムブラケット部分の内部です。
DSCN9983-aa.jpg


右ワンを取り付けた後ベアリング球・BBシャフトをセットしウォーターシースをセットします。
左ワンにグリースを入れベアリング球をセットします。
DSCN9992-aa_20180705112636c7f.jpg


24mmメガネ(スパナ・モンキー)で左ワンを玉押し加減見ながら締め付け
DSCN9997-aa.jpg


引掛けスパナでリングナット締め込み
この時ワンが供回りしないようにメガネで押さえておきます。
プラハンで柄を叩きました。
あとはクランクとペダルそしてディレイラー取り付けてチェーンをセットして完了です。
DSCN9999-aa.jpg


仕上がりました。使用工具と一緒に記念写真です。
写真にありませんが鉄パイプ・スライディングハンマー・大ハンマー・モンキーも使いました。
DSCN9981-aaa.jpg


使用工具
コッタレスクランクリムーバー
引掛けスパナ45/48
36mm片口スパナ
15mmスパナ(ペダル外し)
24mmメガネ(スパナ・モンキー)
8mm六角棒ソケット
14mmソケット
10mmソケット(フロントディレイラー)
スピンナーハンドル
コインドライバー
先曲がり千枚通し(ネジ山磨きに)
プラハン(600g使いましたが900gのが良かったと思う。それか1.8kgのハンマー)
5.5kgハンマー(3kgで良さそうです。)
パンタジャッキ
鉄パイプ
スライディングハンマー
36mmスパナ固定用・・・
ボルト M12×125mm 
大きなワッシャー2個
21mmスパナ(工具固定のボルト締め付け。モンキーかメガネでも)

使用材料
ツバキ・ナカシマ 1/4インチ ベアリング球 22個
協同油脂 エクセライト ウレア系グリースちょう度No.1

自転車 | 【2018-07-06(Fri) 18:28:53】
Trackback:(0) | Comments:(2)
プジョーPF10J 異音解決しました。
ボトムブラケット分解整備後戻りしました。
30kmくらい乗ったかな、とても具合が良いです。
カチン音が無くなり静かに走ります。気持ち良いです。
次はハブとハンドル軸のグリスアップしたいけど2cvエンジン組み立てないと。
DSCN9996-aa_20180704175303393.jpg


通りすがりの2cv乗りさん、異音の発生場所教えていただきありがとうございました。
ベアリンググリース不良であのような音が出るとは意外でした。快適に走れるようになりました!

自転車 | 【2018-07-04(Wed) 18:03:32】
Trackback:(0) | Comments:(0)
プジョーPF10J ペダル整備
ペダルキャップスパナを買いましたが、かみ合わせ悪くよくよく見ると6mm六角穴がありました。
DSCN001a.jpg


ギザギザの数を数えるとキャップは48でスパナは46
今回は役に立ってもらえなかったけど郵便チャリで活躍してもらいます。
DSCN002a.jpg


キャップを取ると中はこんな感じです。
12mmナットを外します。
DSCN003a.jpg


空回りしないように爪の付いたワッシャー(写真の写し方が良くなかったです。爪が分からないです。)
その奥に15mm玉押しナット
DSCN004a.jpg


細身のコーケンソケットなので問題なくナットに届きました。
DSCN005a.jpg


ベアリング球は13個。
DSCN006a.jpg

DSCN007a.jpg

DSCN008a.jpg


ナット二つを外すと軸が取れます。
DSCN009a.jpg


新しい玉をセットして組もうとしたら玉のサイズが違いました。
5/32と思ったら1/8でした。
手持ち無いので仕方なく古い玉を利用します。
四部屋の玉を混ぜなくて良かったです。でもどの部屋に使われていたかがわかりません。そこまで気にしなくても良いのかもですが。
DSCN010a.jpg


ウレアグリースと玉
DSCN011a.jpg


玉押し、失敗しました。
玉押しナットが止まるところで固定ナット締め付けたら強すぎて動きません。
回転しないワッシャーがあるからいいのかと思っていました。
ネジ山のクリアランス分きつくなるんですね。
90°くらい戻す感じで丁度良いみたいです。
玉・わんを傷めてしまいました。
DSCN012a.jpg


どうにか仕上がりました。
DSCN013a.jpg


使用工具、他
15mmスパナ
15mmソケット
12mmソケット
6mm六角棒ソケット
スピンナーハンドル
グリース

自転車 | 【2018-06-14(Thu) 20:29:09】
Trackback:(0) | Comments:(2)
自転車用ベアリング球
ボトムブラケットのメインテナンスですが、ベアリング球は再利用せず新品にします。
ペダルもホイールハブもヘッドも新しくしたくなり必要数買ってみました。
新品のベアリング球は防錆剤が塗布されていてべっとりです。
たぶんこの防錆剤を洗ってから使ったほうが良いと思い灯油に2日漬け込み
DSCN9994-aa_20180610100359664.jpg


パーツクリーナーで灯油を洗いその後アルコールで洗って
DSCN9995-aa_20180610100400bda.jpg


綺麗になったベアリング
これいくつあると思いますか?(答えは最後に)
DSCN9996-aa_2018061010040237d.jpg


ウレアグリースに漬け込んで準備完了となりました。
DSCN9998-aa.jpg


ベアリング球の数は180個です。そんなにあるように見えないですね。多めに買ってみました。
BB・リアハブ:1/4インチ50個 
フロントハブ:3/16インチ30個 
ヘッド・ペダル:5/32インチ100個  ヘッド部分はリテーナータイプでしょうか。玉交換できるかな

自転車 | 【2018-06-10(Sun) 10:25:26】
Trackback:(0) | Comments:(2)
プジョーPF10J BB整備
クランク外しは写真撮らずに進めてしまったので、改めて撮影してまとめてみたいと思っています。
けっこう固く取り付いていて難儀しました。
シャフト外してみるとグリスは水分が混じり乳化した状態。
左はまあまあ残っていました。右は少なかったです。
DSCN9996-aa_2018060512001514a.jpg

DSCN9995-aa_20180605120014483.jpg


右ワンはボトムブラケットを交換するのでなければ外さなくても整備できます。
でもこの機会に外してみたかった。必要なくても何かすっきりしなくて。
この右ワンは逆ネジが主流なんだそうです。
ところがプジョーは正ネジという情報をみつけてしまって。
旧車に乗っている息子に聞くと確かに正ネジだったそうです。
でもこちらのプジョーVentouxの記事では逆ネジだそうです。
しかも見た目PF10Jの右ワンと同じ形状です。
たぶん逆ネジなんでしょう。
ただ思いっきり力掛けるのだから確証が欲しい。
そこで反対側から内部観察
ネジ山が少しでも見れたらいいなと、でもネジ山の余りは無いようです。
DSCN9969-aa_20180605115724620.jpg


他に何か手掛かりは無いかと思考をめぐらし思いつきました。
かなりのトルクで締めるためナットに工具痕が残るだろうと
左側の黒いところが怪しいですね。
DSCN9981a-aa.jpg


下側(反対側)も見ると右側に同じような黒い変質部分が確認できます。
間違いなく逆ネジの締め付けのようです。
DSCN9986a-aa.jpg


逆ネジと確信が持てたので、作業開始です。
最初スパナの掛け方を反対側にして延長パイプで緩めようと思いました。
しかしシートステイに干渉して不可。
ハンマーで叩くには力入れにくいので反対側へ
こちらは延長パイプでは作業しにくいのですが叩くには何とかです。
(スパナ裏掛けですが)
右ワンは円形に二面カットの工具引っ掛かり、厚みは2mmくらいです。
過大な力を掛けるには心もとないです。
通りすがりの2cv乗りさんから工具の固定方法を教わりました。
シェル反対側からボルト貫通でスパナを押さえます。
ありがとうございます。安心して作業出来ました。
そしてパンタジャッキの支えの知恵を得て万全です。打撃の力が逃げずフレームへの負担もなくとても良いです。
DSCN9973-aa_2018060512224466e.jpg


打撃の反動で自転車倒れるのが怖いので息子に押さえてもらいながらドンと。
(ジャッキ部分と前輪に負荷が掛かるので前輪を浮かして負担掛けないように支えてもらいました。)
4回目くらいで反応があり緩みだしました。
DSCN9990-aa_20180605115728e48.jpg


左ワンの状態があまり良くないようですが、玉の当たる部分はどうにかでしょうか。
DSCN9995s-aa.jpg


ベアリング球サイズは1/4インチで左右合計22個 でした。

使用工具 
36mm片口スパナ(延長パイプ使えるので片口が良いです。)
5.5kgハンマー
パンタジャッキ
工具固定ボルト M12×125mm 
大きなワッシャー2個
21mmスパナ(工具固定のボルト用)
24mmスパナ(左ワン用・手でも回せます。)
最後二つのスパナはモンキーレンチで代用できます。

自転車 | 【2018-06-05(Tue) 14:32:23】
Trackback:(0) | Comments:(2)
電ちゃり パンク修理
昨日、自転車修理しました。
ニップルの頭が折れてチューブを傷付けてパンク・・・
パンクの原因を知らず修理したらそのニップル破片がタイヤ内にあってまたパンク!
チューブ側面の傷だったので変に思いました。なるほどです。
スポークがぶらぶらしているところから気が付くべきです。勉強になりました。
長いこと不動でしたがやっと直しました。
DSCN9992-aa_20180415111055d72.jpg


ニップルは子ちゃりのホイールから調達
かなり錆びていてこれもすぐに折れてしまうだろうか
DSCN9989-aa.jpg


スポークは太さに種類があるようですが使えて良かったです。
DSCN9991-aa.jpg


"チェーン引き”(写真中央)と言う部品を紛失して1時間くらいは探したけど結局見つからず
自転車屋さんに買いに行きました。
108円・・・  この値段だったらすぐに買いに行くべきだった。
DSCN9994-aa.jpg


3段変速は機能しませんが乗れるようになりました。

自転車 | 【2018-04-14(Sat) 19:50:18】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ