プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


106 ハブベアリングの交換 《まとめ》
ショックアブソーバーとナックルの分離が良くわからないので一緒に外しました。
ドライブシャフトを引っ張ってしまい抜けかかりミッションオイルを零してしまいました。がっかり。
オイルシールを傷めていないといいのですが、心配です。
DSCN9841-aa_20170814214501beb.jpg


ハブとナックル
間にベアリング。
DSCN9846-aa_20170814214502b87.jpg

DSCN9845-aa_201708142145036fa.jpg

DSCN9844a-aa.jpg


プーラーでハブを押しました。
DSCN9855-aa.jpg


延長パイプで回すくらい固いのでショックアブソーバーが付いていて力をかけやすかったです。
DSCN9861-aa.jpg


ナックルに残ったベアリングです。
インナーレース片方がハブに残るのでベアリング球が見えます。
DSCN9865-aa.jpg


ハブに残ったインナーレースを取ります。
ホイールにセットするとやり易いとあるサイトで教わりました。
この方法とても良かったです。
(ベアリングセパレーターを変則的に利用しています。)
DSCN9872-aa.jpg


無事に取れました。
DSCN9874-aa_20170815214138905.jpg


ナックルに残ったベアリングを5.5kgハンマーで叩き落とそうとしたら、
ベアリング崩壊してこんな状態に。
ナックルが歪みそうで思いっきり叩けません。
それに思いっきり叩いても無理そうな気もしました。
DSCN9879-aa.jpg


近いサイズのパイプをセットしてプーラーでかなりのトルクを掛けましたがびくともしません。
DSCN9884-aa.jpg


手持ちの工具では太刀打ちできないので、
ハブベアリングプーラーを買いました。
DSCN9894-aa.jpg


ケースの中に各パーツが整列しているのかと思ったら
DSCN9896-aa.jpg


ハブから外したインナーレースをベアリングに戻してから作業する方が良さそうなので組み直して
DSCN9892-aa.jpg


工具をセット
DSCN9900-aa.jpg


この工具でもちょっと手こずったけどパキッと音がして
DSCN9904-aa.jpg


外れました!さすが専用工具です。
油圧プレスの安物が買える金額でしたが、
使用後の保管場所を考えるとこちらの方が有難いです。
DSCN9906-aa.jpg


ハウジング下方が錆びていました。
DSCN9909a-aa.jpg


外れたベアリング
こちらもアウターレースに錆が見えます。
DSCN9913-aa.jpg


錆を落としてきれいにしました。
側面は寸法変わるので特に触らなかったです。
DSCN9921-aa_20170820212722b55.jpg


プーラーでベアリングを押し込んでいるところ
DSCN9923-aa.jpg

DSCN9925-aa_201708202127260bd.jpg


きっちりセットできました。
ベアリングは設計的には表裏がないようですが文字が片側だけにあります。
この文字を確認できる側へ装着するそうです。
DSCN9928-aa.jpg


ハブ装着側はベアリングが見えなくなるのでベアリングの文字なしの方を。
DSCN9930-aa.jpg


抜け止のCリング取り付け
DSCN9936-aa.jpg


次はハブをナックルへ取り付け
DSCN9937-aa.jpg


ハブプーラーのボルトで組みたかったのですが、ボルトが22mmで太く入りません。
仕方なく三本爪のプーラーで。
入り始め、斜めになってしまい慌てました。
ここまで来て失敗かと
プーラーを横方向へ引っ張りながらプーラーボルトを回して傾きを修正して事なきを得ました。
DSCN9942-aa.jpg


冷や汗をかきましたがどうにか組めました。
DSCN9952-aa.jpg


ロアアームは新品を用意しました。
DSCN9958-aa.jpg


ブレーキが無い方が各部の締め付けし易いです。
トルクレンチで規定値に。
DSCN9967-aa.jpg


そしてブレーキ
ディスクはミンテックス、パッドはプジョー純正で新品です。
DSCN9969-aa.jpg


ブレーキも取り付き
DSCN9973-aa.jpg


ハブナット・タイヤを取り付け
着地したあと零してしまったミッションオイルを補給して左側完了しました。
このタイミングで新品の夏タイヤにしたかったのですが間に合いませんでした。夏なのに雪タイヤです。
DSCN9975-aa_20170820213714a48.jpg


右側です。殆ど一緒ですが違うところなどあるので。

右側はハブが1mmほどガタがありました。
高速走行でホイールに振動が出たのはホイールバランス不良でなくハブベアリング摩耗だったようです。

ナックルとハブの分離ですが、プーラー二本掛け
ナックルの引っ掛け高さが違うのでスパナをあてがって調整しています。
DSCN9989a-aa.jpg


でもこのベアリングセパレーターをナックルに使えたかも知れません。
写真はハブに残ったインナーレースを引き抜いているところです。
DSCN9677-aa.jpg


ナックルにベアリングを組み付けているところです。
左側作業はスパナだったのですがメガネを買いました。
外れないのでやり易いです。ナックルの出っ張りに引っ掛けて反対側をソケットで回します。
外したアウターレースで押しますが、そのまま使うとナックルに嵌って外しにくくなります。外周を削ってあります。
DSCN9704-aa.jpg


スナップリングの切れ目の位置を上方向にしましたが、メーカー組付けは下側です。
下側だとリング取り付け溝に水が溜まり錆びやすかなと
でも乾きやすいかな
やはり下側にすべきだったかな
DSCN9715-aa.jpg


ベアリングが取り付いたナックルにハブを取り付ける最後の作業です。
左側作業ではプーラー三本掛けでした。
斜めに入り始めて危なかったので今回はM20のスダットボルトとナット2個を用意しました。
(プーラーに付属のボルトはM22でハブのスプライン穴に入りません。)
DSCN9723-aa.jpg


なかなか安定していて具合が良かったです。
無事に収まって道具を緩めたところです。
DSCN9721-aa.jpg


両側二箇所の作業に合計10日も掛かってしまいました。
でも仕上がって良かったです。

106 | 【2017-10-15(Sun) 20:02:47】
Trackback:(0) | Comments:(0)
106 フロントウインカー交換
どうやって取りついているのかと思ったら
このスプリングで固定されていました。
引っ張っているだけです。
DSCN9970-aa.jpg


激しく濁っていましたが透き通りました。
DSCN9967-aa_2017091822023254d.jpg

DSCN9974-aa.jpg

DSCN9965-aa.jpg

DSCN9972-aa.jpg


取り付けのスプリングを付け替えるのが一番困窮しました。
DSCN9971a-aa.jpg


今回イギリスから購入したのですが
品物はOWL製
調べてみると台湾のメーカー
随分大回りしてやって来ました。
製造は2001年8月1日みたい。やっと売れたーって感じかな。

106 | 【2017-09-18(Mon) 22:12:02】
Trackback:(0) | Comments:(0)
106 スタビライザーリンクロッド交換
9月6日の整備
一昨年秋クラッチ交換の時、ブーツが割れかかっていました。
だいぶ悪化していました。
DSCN9850-aa_2017090722392740e.jpg


春に購入したのですが後期型のが来てしまい
買い直したつもりだったのですが見当たらず
探しても見つからないので買ってなかったのかも
で買いました。
LCP製です。でも袋にも品物にも記載なく
DSCN9859-aa.jpg


今度のは形状も長さも同じなので問題無さそうです。
DSCN9861-aa_20170907223931fa8.jpg


ブーツの形状が違います。長持ちしてください。
DSCN9863-aa.jpg


この機会に先日組んだ夏タイヤを装着しました。

106 | 【2017-09-07(Thu) 22:54:59】
Trackback:(0) | Comments:(0)
106 ハブベアリング交換 ⑧
右側はハブが1mmほどガタがありました。
高速走行でホイールに振動が出たのはホイールバランス不良でなくハブベアリング摩耗だったようです。

ナックルとハブの分離ですが、プーラー二本掛け
ナックルの引っ掛け高さが違うのでスパナをあてがって調整しています。
DSCN9989a-aa.jpg


でもこのベアリングセパレーターをナックルに使えたかも知れません。
写真はハブに残ったインナーレースを引き抜いているところです。
DSCN9677-aa.jpg


ナックルにベアリングを組み付けているところです。
左側作業はスパナだったのですがメガネを買いました。
外れないのでやり易いです。ナックルの出っ張りに引っ掛けて反対側をソケットで回します。
外したアウターレースで押しますが、そのまま使うとナックルに嵌って外しにくくなります。外周を削ってあります。
DSCN9704-aa.jpg


スナップリングの切れ目の位置を上方向にしましたが、メーカー組付けは下側です。
下側だとリング取り付け溝に水が溜まり錆びやすかなと
でも乾きやすいかな
やはり下側にすべきだったかな
DSCN9715-aa.jpg


ベアリングが取り付いたナックルにハブを取り付ける最後の作業です。
左側作業ではプーラー三本掛けでした。
斜めに入り始めて危なかったので今回はM20のスダットボルトとナット2個を用意しました。
(プーラーに付属のボルトはM22でハブのスプライン穴に入りません。)
DSCN9723-aa.jpg


なかなか安定していて具合が良かったです。
無事に収まって道具を緩めたところです。
DSCN9721-aa.jpg


左側7日、右側3日で10日間も掛かってしまいましたが、どうにか仕上がって良かったです。

106 | 【2017-08-27(Sun) 00:53:08】
Trackback:(0) | Comments:(0)
106 ハブベアリング交換 ⑦
反対の右側、月火水の三日間で仕上がりました。
詳細はまた改めて。

106 | 【2017-08-23(Wed) 23:38:21】
Trackback:(0) | Comments:(0)
106 ハブベアリング交換 ⑥
【18日】
錆を落としてきれいにしました。
側面は寸法変わるので特に触らなかったです。
DSCN9921-aa_20170820212722b55.jpg


プーラーでベアリングを押し込んでいるところ
DSCN9923-aa.jpg

DSCN9925-aa_201708202127260bd.jpg


きっちりセットできました。
ベアリングは設計的には表裏がないようですが文字が片側だけにあります。
これを確認できる側へ装着するそうです。
DSCN9928-aa.jpg


ハブ装着側はベアリングが見えなくなるのでベアリングの文字なしの方を。
DSCN9930-aa.jpg


抜け止のCリング取り付け
DSCN9936-aa.jpg


次はハブをナックルへ取り付け
DSCN9937-aa.jpg


ハブプーラーのボルトで組みたかったのですが、ボルトが22mmで太く入りません。
仕方なく三本爪のプーラーで。
入り始め、斜めになってしまい慌てました。
ここまで来て失敗かと
プーラーを横方向へ引っ張りながらボルトを回して傾きを修正して事なきを得ました。
DSCN9942-aa.jpg


冷や汗をかきましたがどうにか組めました。
DSCN9952-aa.jpg


ロアアームは新品を用意しました。
DSCN9958-aa.jpg


仮組して終了。
DSCN9967-aa.jpg


【19日】
ブレーキが無い方が各部の締め付けし易いです。
トルクレンチで規定値に。
そしてブレーキ
ディスクはミンテックス、パッドはプジョー純正で新品です。
DSCN9969-aa.jpg


ブレーキも取り付き
DSCN9973-aa.jpg


ハブナット・タイヤを取り付け
着地したあと零してしまったミッションオイルを補給して左側完了しました。
このタイミングで新品の夏タイヤにしたかったのですが間に合いませんでした。夏なのに雪タイヤです。
DSCN9975-aa_20170820213714a48.jpg

106 | 【2017-08-20(Sun) 22:09:26】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ