プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


冬タイヤ保管
106用に用意した冬タイヤ
結局出番無く
今度の冬に支度できるかどうかなので
保管体勢をとり仕舞うことにしました。
長期保存でないつもりなので
↓のようにきっちりと手間をかけませんでした。
タイヤ保管①
今回段ボール二枚の貼り合わせは
タッカー(ホッチキスの親分)で6ヶ所留めて作りました。
タイヤ保管②
タイヤ保管③
一応ビニール付きの紙を巻き付けて終わりとしました。
P1140805-ddd.jpg


内側の縮み防止の段ボール加工と包装
4本仕上げるのに2時間かかりました。

この後、外周に養生テープを一周巻き付けて密着をよくしました。

タイヤ保管 | 【2013-05-14(Tue) 21:40:51】
Trackback:(0) | Comments:(0)
タイヤ保管方法(ホイール付き)
冬タイヤ装着で夏タイヤ保管の時期が来ました。
そこで
ホイール付きのタイヤ保管を調べてみました。
ブリジストンのサイトでは
タイヤの保管方法
タイヤをホイールセットで保管する場合、乗用車用タイヤでは空気圧を1.0kgf/cm2程度に下げて平積みされることをおすすめします。

タイヤ・ホイール保管のコツ
タイヤは、水洗いで汚れを落とし
直射日光が当たらず、極端に温度が高くならず、湿気はなるべく少なく、雨水などが当たらない場所
そして
空気圧を低くして平積み

縦置きが良いのかと思っていました。
どちらも一長一短あるようですが

タイヤ保管 | 【2012-11-22(Thu) 22:39:56】
Trackback:(0) | Comments:(0)
400タイヤ保存
AZボディの公道復帰は予定では再来年かな(なおきは来年って言うけど)
なので400タイヤの保存を
前回の15インチミシュランX同様に
でも今回はラップを先に巻きました。
P1050107a.jpg


その後
遮光対策
P1050125-d.jpg


高額なタイヤなのでベストを尽す
早く車体を支えてもらうことを願って小屋の中へ

タイヤ保管 | 【2011-11-26(Sat) 19:19:42】
Trackback:(0) | Comments:(0)
タイヤのローテーション
タイヤのローテーションの常識って
バイアスタイヤは左右OKだけど
ラジアルタイヤは前後で
と教わりました。
それが技術の進歩なのか
今では左右入れ替えて良いそうで
そんなのまったく知りませんでした。
タイヤのローテーション
(回転方向指定のタイヤは不可ですが・・)
常識って時代で変わるんですね。

ところで
昔設計で
現代製造の
125Xはやはり前後だけのローテーションなのかな。

タイヤ保管 | 【2011-08-29(Mon) 21:46:13】
Trackback:(0) | Comments:(9)
タイヤ保管  今度こそ。 ③
今日は仕上げをしました。
ビニールでラッピングです。
このテープも包装紙と一緒に症さんからいただいたものです。
ありがとうございます。
タイヤ保管008


幅がちょうど良く大変巻きやすかった。
包装紙のだぶつきを無くしつつきれいに巻けます。
タイヤ1本に10分くらいの作業時間です。
タイヤ保管009


暗所に無事格納できました。めでたし目出度し
タイヤ保管010


タイヤの接地面を円弧の台座に置けば、より良いんだろうけど
自重約6k(包装紙込み)なので良しとしよう。
カントクさんにアドバイスいただいた「時々回転」でいきます。

タイヤ保管 | 【2009-02-15(Sun) 20:42:35】
Trackback:(0) | Comments:(4)
タイヤ保管  今度こそ。 ②
タイヤ内側の空気をどうするか
酸素がゴムを劣化させるそうで
前回は脱酸素剤の代わりに使い捨てカイロを使ってみましたが
熱の問題が心配とのこと
またこの中の酸素を吸着させるには沢山のカイロが必要でしょう
(前回はたったの2個だけでしたが)
そこで今回は
ポリスチレンフォームの廃材を詰めてみました。
これって空気の固まりみたいなもの?効果なしかな
タイヤ保管006


昨日も使った写真ですが
タイヤ変形を防ぐ突っ張り芯を装着して
タイヤ保管005


症さんからいただいた
ゴム製品を包装してあった紙
これを巻き付け
タイヤ保管007


次回へ続きます。

タイヤ保管 | 【2009-02-13(Fri) 20:52:44】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ