プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


106 フロントウインカー交換
どうやって取りついているのかと思ったら
このスプリングで固定されていました。
引っ張っているだけです。
DSCN9970-aa.jpg


激しく濁っていましたが透き通りました。
DSCN9967-aa_2017091822023254d.jpg

DSCN9974-aa.jpg

DSCN9965-aa.jpg

DSCN9972-aa.jpg


取り付けのスプリングを付け替えるのが一番困窮しました。
DSCN9971a-aa.jpg


今回イギリスから購入したのですが
品物はOWL製
調べてみると台湾のメーカー
随分大回りしてやって来ました。
製造は2001年8月1日みたい。やっと売れたーって感じかな。

106 | 【2017-09-18(Mon) 22:12:02】
Trackback:(0) | Comments:(0)
106 スタビライザーリンクロッド交換
9月6日の整備
一昨年秋クラッチ交換の時、ブーツが割れかかっていました。
だいぶ悪化していました。
DSCN9850-aa_2017090722392740e.jpg


春に購入したのですが後期型のが来てしまい
買い直したつもりだったのですが見当たらず
探しても見つからないので買ってなかったのかも
で買いました。
LCP製です。でも袋にも品物にも記載なく
DSCN9859-aa.jpg


今度のは形状も長さも同じなので問題無さそうです。
DSCN9861-aa_20170907223931fa8.jpg


ブーツの形状が違います。長持ちしてください。
DSCN9863-aa.jpg


この機会に先日組んだ夏タイヤを装着しました。

106 | 【2017-09-07(Thu) 22:54:59】
Trackback:(0) | Comments:(0)
306 10回目の車検
機関は合格でしたがウオッシャー液無かったのとラッパのマークが消えてしまっていて不合格
トイレで水貰って、ボールペン借りて急いで作って
DSCN9824-aa.jpg


無事合格。
DSCN9822-aa.jpg


もう何度か車検来ていますが初めて発煙筒があるかどうかの確認がありました。
車検費用は約7万円
21年131600k

306 | 【2017-08-31(Thu) 21:45:13】
Trackback:(0) | Comments:(0)
306 センターマフラー・リアマフラー交換
日曜日、マフラー交換をしました。

やっと新品が買えました。
ヨーロッパのお店結構あたったのですが、日本へ送ってくれるとこなく
結局国内調達です。
DSCN9772-aa.jpg


ウォーカー製です。
DSCN9773-aa_20170828225112373.jpg


プジョー純正と並べてみました。
DSCN9779-aa.jpg


プジョーのもウォーカー製だと思うのですが微妙に違います。
DSCN9782-aa.jpg


フランジ部分は二重構造で丁寧です。
DSCN9776-aa_20170828225047d31.jpg


リアマフラーは右側が今までの
プジョー純正だと思います。
ヤフオクで買ったのですが内部崩壊でうるさかった。
左がIさんから頂いたボーサル製
Iさん、ありがとうございます。
DSCN9777-aa.jpg


一緒に買ったクランプ
ボーサル製かな
ボルト頭がクランプの四角穴へ嵌まり回らないのは有難いのですが
DSCN9790-aa.jpg


短くて・・・
しかもワッシャーが捻りタイプだからどうにも足りない
結局古いボルトとナット
フランジタイプなので装着しやすい。
新しいのボルト頭はいいけど長さはもう5mm長くナットはフランジタイプだったら良かったと思います。
DSCN9791-aa.jpg


取り付けは触媒にセンターを嵌めながらゴムで吊り
リアを吊るし
そのフランジにセンターのフランジをパンタジャッキとかウマに載せて合わせ
前側の触媒との接続を決め
そしてリアマフラーと接続
これだと無理なく一体になっていいんじゃないかと。
DSCN9793a-aa.jpg


無事取り付きました。
DSCN9796a-aa.jpg


静かになりました。
アイドリング時プジョー独特のグチョグチョ音が聞こえるようになりました。
穴が空いて3年粘ったけどやはりAT車は静かなのがいいです。

306 | 【2017-08-28(Mon) 23:20:10】
Trackback:(0) | Comments:(0)
106 ハブベアリング交換 ⑧
右側はハブが1mmほどガタがありました。
高速走行でホイールに振動が出たのはホイールバランス不良でなくハブベアリング摩耗だったようです。

ナックルとハブの分離ですが、プーラー二本掛け
ナックルの引っ掛け高さが違うのでスパナをあてがって調整しています。
DSCN9989a-aa.jpg


でもこのベアリングセパレーターをナックルに使えたかも知れません。
写真はハブに残ったインナーレースを引き抜いているところです。
DSCN9677-aa.jpg


ナックルにベアリングを組み付けているところです。
左側作業はスパナだったのですがメガネを買いました。
外れないのでやり易いです。ナックルの出っ張りに引っ掛けて反対側をソケットで回します。
外したアウターレースで押しますが、そのまま使うとナックルに嵌って外しにくくなります。外周を削ってあります。
DSCN9704-aa.jpg


スナップリングの切れ目の位置を上方向にしましたが、メーカー組付けは下側です。
下側だとリング取り付け溝に水が溜まり錆びやすかなと
でも乾きやすいかな
やはり下側にすべきだったかな
DSCN9715-aa.jpg


ベアリングが取り付いたナックルにハブを取り付ける最後の作業です。
左側作業ではプーラー三本掛けでした。
斜めに入り始めて危なかったので今回はM20のスダットボルトとナット2個を用意しました。
(プーラーに付属のボルトはM22でハブのスプライン穴に入りません。)
DSCN9723-aa.jpg


なかなか安定していて具合が良かったです。
無事に収まって道具を緩めたところです。
DSCN9721-aa.jpg


左側7日、右側3日で10日間も掛かってしまいましたが、どうにか仕上がって良かったです。

106 | 【2017-08-27(Sun) 00:53:08】
Trackback:(0) | Comments:(0)
106 ハブベアリング交換 ⑦
反対の右側、月火水の三日間で仕上がりました。
詳細はまた改めて。

106 | 【2017-08-23(Wed) 23:38:21】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ