FC2ブログ
プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


バッテリー交換
4月11日の整備です。
今まで14年国産車用バッテリーを代用していましたが今回本来のサイズのバッテリーを奢りました。
念願の純正サイズです。うれしい。
高さは175と190の二種類あります。容量の大きな190にしました。
VARTA Blue Dynamic LN1 C22です。
最近はACデルコが気に入っていましたが、カタログデーター良く世界シェアーも1/3だそうで信頼できそうです。
e-DSCN9986_20190420210733047.jpg


取り付けのL字アングルをバッテリーに合わせて削りました。
あとはバッテリーターミナルの変更で走れます。楽しみです。

2cv 1970 | 【2019-04-20(Sat) 21:38:50】
Trackback:(0) | Comments:(0)
中古スパークプラグ
先日、今までのスパークプラグひとまとめの箱が見つかりました。(これがすべてではないのですが)
ばらばらでしたが品番や焼け具合などからだいたいペアを推測しました。
e-DSCN9979_20190116212012c91.jpg


金色のターミナルもありました。
e-DSCN9983_20190116212013840.jpg


すぐ煤だらけになってしまってプラグ替えたけど
根本が改善されなくては良くならないですよね。
プラグ自体の問題ではないのですから

2cv 1970 | 【2019-01-16(Wed) 21:27:55】
Trackback:(0) | Comments:(0)
最高速確認
先週の土曜日に最高速テストしました。
まずそのままで走行・・・80kくらい
空気圧を上げて・・・83kくらい
イグニッションコイル一次側の抵抗を合計3.2Ωから2.7Ωへ・・・84kくらい

うーん90kは遠いなぁ
次は燃料をレギュラーからハイオクにして試してみたいと思います。
その後はプラグギャップを広げて
楽しい悩みはつづく


2cv 1970 | 【2018-12-19(Wed) 20:39:02】
Trackback:(0) | Comments:(0)
レギュラーとハイオク
ポイントギャップ0.9mmの時に最高速82k
0.5mmで最高速78k
ポイントギャップは関係なく高速が伸びません。
低回転のトルクは今までで一番あります。
高回転が期待外れです。
思い当たるところはポイントが社外品
進角装置の動きが良くない
それからレギュラーガソリン
ハイオクでないと90k出ないのかな
レギュラーでも90出たと思うんだけど・・・
次回給油はハイオクとそれに合わせた点火時期で確認してみます。
まだ半タンなのでプラグギャップ1mmを試してみます。

あっ昔と違うところコイルの抵抗値が変わっています。
低回転は今の合計3.2Ωで良いけど高回転は昔の2.7Ωの方がいいのかも知れません。

2cv 1970 | 【2018-12-10(Mon) 21:37:21】
Trackback:(0) | Comments:(0)
プラグギャップ
 4日前、点火時期を上死点前10度くらいに合わせたのですが8.7度くらいにやり直しました。(レギュラーガソリン使用です。)

 プラグギャップですが今は0.8です。メーカー指定はこの数値だったと思います。
BP6HS-10 ギャップ1mmのプラグがあるのを知りました。
今度これにしようと思います。
イグニッションコイルとプラグコードが純正より性能が良いはずなので火花飛ぶと期待しています。

2cv 1970 | 【2018-12-08(Sat) 23:06:40】
Trackback:(0) | Comments:(0)
ポイント調整と点火時期調整
ドエル角重視でポイントギャップは広めでした。
測ってみたら0.9mmでした。
1.5くらいあると思ったのですが意外と狭かったです。
e-DSCN9973.jpg


低回転のトルクは間違いなく太ったのですが高回転がいまひとつでした。
ポイントギャップが広いからなのかと考え今回0.5mmにしてみました。
ドエル角はフライホイール80コマで75%になりました。
点火時期は指定より1コマ遅らせました。
ポイント箱の傾きは写真のような具合です。
e-DSCN9993.jpg


ファンはクランク掛けし易いように点火時期指定位置でファンはこの感じ
クランク棒が上死点に向かって引き上げるようになります。
クランク棒が押してエンジン始動にならないように黄色印で判るようになっています。
押して上死点になるようなクランク棒の掛け方はけっちん食らったとき手を傷めます。
e-DSCN9995_201812042044499c3.jpg


試しにクランク始動してみたら一回で掛かりました。

2cv 1970 | 【2018-12-04(Tue) 21:02:42】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ