FC2ブログ
プロフィール

/colibri

Author:/colibri
colibriです。
2cv・106・306の整備を楽しんでいます。
よろしくお願い致します。
コメントいただけるとうれしいです。
アドレスを載せる時は最初の”h”を外してください。

最近の記事
最近のコメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最近のトラックバック


2cv 小改良
ウインドウキャッチです。少しずれている為窓固定が渋く閉まったつもりが閉まってなくて、バシャンと窓落ちしたりで危なかったです。
e-DSCN9989.jpg


以前も削ったのですがまだ足りず今回ほぼ抵抗なく固定できるようになりました。
e-DSCN9992.jpg


タコメーターは固定されていなくてゴロゴロ
タイラップで固定しました。
0から6000回転を上半分にしたので見やすくなりました。
油温計は150華氏から動くので3目盛り動くくらいです。こちらも上側に針をもってきました。
e-DSCN9996_20190620145203ff7.jpg


こんなの簡単な事なのですが面倒がり屋だからなかなか実行できなくて

2cv 1970 | 【2019-06-20(Thu) 15:07:35】
Trackback:(0) | Comments:(0)
シフトリンケージ
2cv Gear Linkage
良心価格だけど送料がいたいですね。仕方がないけど。
両方ピロボールでなくていいのかな

2cv | 【2019-05-21(Tue) 18:28:55】
Trackback:(0) | Comments:(0)
バッテリーターミナル取り付け
4月23日の整備です。
銅板加工のターミナルを選びました。
配線接続が8mmなので今までの6mm穴を広げて取り付けました。
1時間くらい補充電したあとにエアーホーンを鳴らしましたが勢いがありました。当たり前ですけど。
なかなか走らすことが出来ていませんが、電気が元気になってきっと調子よく走るだろうなぁと楽しみです。
e-DSCN9985.jpg

2cv 1970 | 【2019-05-01(Wed) 22:31:03】
Trackback:(0) | Comments:(0)
バッテリー交換
4月11日の整備です。
今まで14年国産車用バッテリーを代用していましたが今回本来のサイズのバッテリーを奢りました。
念願の純正サイズです。うれしい。
高さは175と190の二種類あります。容量の大きな190にしました。
VARTA Blue Dynamic LN1 C22です。
最近はACデルコが気に入っていましたが、カタログデーター良く世界シェアーも1/3だそうで信頼できそうです。
e-DSCN9986_20190420210733047.jpg


取り付けのL字アングルをバッテリーに合わせて削りました。
あとはバッテリーターミナルの変更で走れます。楽しみです。

2cv 1970 | 【2019-04-20(Sat) 21:38:50】
Trackback:(0) | Comments:(0)
2cvのパーツ屋さん。
FPS west
アメリカのパーツ屋さん。Yoshinoさん経営なので日本語通じて安心して個人輸入できます。

Franzose
ドイツのパーツ屋さん。送料もすぐに計算されるのがいいです。

MEHARI CLUB CASSIS
フランスのパーツ屋さん。425のフレームを扱っているところがすごいです。

CTA
オランダのパーツ屋さん。こちらではまだ購入したことがありません。

DAC House
兵庫のパーツ屋さんです。

モンテカルロ
群馬のパーツ屋さんです。

あとebayかな

海外のお店での購入はペイパルで決済が安全です。
某店では以前カード情報が盗まれた?事がありました。その後セキュリティーを強化したそうです。

2cvデータ | 【2019-03-07(Thu) 19:47:35】
Trackback:(0) | Comments:(0)
2cv ポイントカム
2月11日、ポイント部分のカムを交換しました。
6vと12vでカム形状が違いました。
40年くらい前でしょうか前オーナーさんがヘッドライトを明るくしたくて12vへ変更されました。
かなり色々なところを変更する必要がありもう一台買えるほど?費用が掛かったそうです。
残念なことにここの違いは気が付かれなかったようです。
e-DSCN9991.jpg


このサークリップがちょっと手ごわかったです。
e-DSCN9994.jpg


無事外れました。
e-DSCN9998_20190225223613932.jpg


6vカムはドエルタイムが80%、12vカムは60%の設計で形状が違います。
e-DSCN9999_20190225223615c03.jpg


進角錘も違います。これは元のを使いました。受け側の方を12v用にしないと錘が厚いので進角が少なくなってしまいます。
(この時、錘のセットの仕方が間違っていました。)
e-DSCN0001.jpg


最初カムシャフト先端に嵌らず焦りました。カム側の穴の摩耗がなくぴったりだったからでした。
元のはだいぶ摩耗していてガタがありました。これだとポイント作動が不正確になっていたと思います。
ポイント交換の都度カムシャフトとポイントカムの中央の穴にグリス塗布したほうが良いみたいです。
e-DSCN9971_20190225223719b72.jpg


ドエルタイム60%に合わせました。この時のポイントギャップは0.37でした。
ドエルタイム(ドエルアングル)でポイントを調整するやり方はかなりいいです。
ポイントギャップにシックネスゲージで合わすとポイント面に油分付く可能性があります。
e-DSCN9990_20190225223851d01.jpg


これは元の6vカムです。だいぶ摩耗していました。
ポイントギャップ0.4で合わせてドエルタイム80%でしたがカムの摩耗がなければやはり0.37とかのようです。
e-DSCN9991_201902252238339c6.jpg


ポイント上側です。まだ数百キロだと思いますがだいぶお皿状になって来ていました。
今回のカム変更でポイントの消耗が減ると思います。そしてコイルの寿命が延びることでしょう。
e-DSCN9972_201902252307266e0.jpg

2cvデータ | 【2019-02-25(Mon) 23:20:56】
Trackback:(0) | Comments:(0)
2cvのクーリングファン外し工具
今まで3/8工具で14mmショートソケット・75mm首振りエクステンションバー・250mmスピンナーハンドルとフライホイール固定用にマイナスドライバーでした。
首振りでぐらぐらしてやり難いのと長さが少し長かったです。そしてスピンナーハンドルも短かったです。
今回より作業のし易さを求めて1/2工具でktc14mmディープソケット・380mmスピンナーハンドル・マイナスドライバーです。
とても快適な作業が出来ました。
あと鉄棒はリニアシャフトがお勧めです。クランクシャフトへのダメージ気を付けてプラハンでコンコン叩きます。
e-DSCN9990_2019022516390437b.jpg

工具 | 【2019-02-25(Mon) 17:05:39】
Trackback:(0) | Comments:(0)
スパークプラグターミナルと導電率
導電率・・・電気の流れ易さを軟銅を100として比較
銅 ・・・・・・・・100
アルミ・・・・・・・61
真鍮・・・・・・・・22
鉄・・・・・・・・・13
銅の電気の流れやすさは知っていましたので銅合金も良いだろうと思い込んでいました。
先日真鍮のスパークプラグターミナルを買いましたが間抜けでした。
元々のは鉄とかニッケル合金と思い込んでいたら磁石くっつかないしどうもアルミのようです。
あーーー
と言うわけで残念なこだわりとなってしまいました。
プラグターミナル一体式のは磁石がくっつくので鉄?のようです。

するとアルミボディの車は電気損失が少なくていいですね。

2cvデータ | 【2019-02-23(Sat) 15:57:23】
Trackback:(0) | Comments:(0)
次のページ